埼玉出身・島崎遥香、映画「翔んで埼玉」完成に喜び「誇れるものができた」

「翔んで埼玉」ジャパンプレミア

映画『翔んで埼玉』のジャパンプレミアが28日、東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLで行われ、二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香 加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹、武内英樹監督が登壇した。


映画は、埼玉県民への徹底的なディスりが強烈なインパクトを放つ、魔夜峰央による「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」が原作。二階堂ふみとGACKTをW主演に迎え、埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受け、身を潜めて暮らしているという設定のもと、埼玉県人の自由と誇りを手にするため、関東一帯を巻き込んだ戦いに挑んだ者たちの姿を描く。

島崎遥香
島崎遥香
原作は作者の埼玉県からの引っ越しに伴い、3話で終了しているため、映画には原作に登場しない千葉解放戦線や、現代パートなどがオリジナルで盛り込まれた。

その現代パートで東京に憧れる菅原愛海を演じた島崎は埼玉県出身。舞台挨拶の冒頭では「やっと今日初めて、自信を持って埼玉県出身と言える日が来たなと思いました」と映画の完成を喜び、隣に並んだ、同じく埼玉出身の益若も「やっと埼玉県出身って恥ずかしくなく言えるね」と島崎と顔を見交わした。
島崎は「ちょっと、声を大にしては言えないけどね」と返し、「恥ずかしいですよね」と苦笑い。益若が「(埼玉は)何もないんですよね」と話すと、「本当に何もないんです」とさらに強調し、会場を笑わせた。
その後のトーク中にもMCから「この作品でもう(埼玉出身が)恥ずかしくなくなった?」と聞かれた島崎は「恥ずかしさはありますけど、ちょっとは誇れるものができた」と話し、会場からは拍手。「今までスーパーアリーナしかなかったので」と再び笑いを誘った。

個性豊かな俳優陣が演じる濃厚なキャラクターが次々登場する本作。
東京都知事の息子で東京屈指の名門校の生徒会長・壇ノ浦百美という初の男役に挑んだ二階堂は、「今回は本当に個性豊かな方々が集結していて、まるでそれぞれ違う星の代表の人たちが地球にガッと集まって、ブワーッてやって、ブワーッて一斉に帰っていったよう。現場では自分が一番まともだな〜と思いながら、じゃあ私がちゃんとしなきゃっていう気持ちでやっていた」と現場を振り返ったが、GACKTが「僕は僕自身が一番まともだなってずっと思ってたんですけどね」と異論を唱える。そこでMCが「自分が一番まともだと思っていた方?」と尋ねると、キャストほぼ全員から手が挙がり、会場は笑いに包まれた。

この日のイベントでは、二階堂演じる壇ノ浦百美の「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」という衝撃的なセリフにかけて、会場にグリーンの“そこらへんの草”カーペットが敷かれたり、本作のキャンペーン参加者の中から抽選で選ばれた30名だけが座れる、藁の上にパイプ椅子という“さいたまスーパーシート”が用意されるなど、作品の持つ独特な世界観が再現された。
映画『翔んで埼玉』は、2月22日(金)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!