乃木坂46、初の台湾ワンマンライブで1万人魅了

NOGIZAKA46 Live in Taipei 2019

乃木坂46が27日、台湾・台北アリーナにて、初の台湾単独公演「NOGIZAKA46 Live in Taipei 2019」を開催した。


メンバーは前日の26日に台湾入り。台北松山空港では約400人の現地のファンがメンバーを出迎え、台湾での人気ぶりが伺えた。
メンバーはそのまま台北アリーナに移動し、26日に開催された「KK BOX MUSIC AWARDS」に唯一の日本人アーティストとして出演。「シンクロニシティ」「ジコチューで行こう!」の2曲を披露した。

翌日の27日は同会場にて、乃木坂46単独公演を開催。
オープニングSE後、挨拶代わりに「裸足でSummer」「おいでシャンプー」「走れ!Bicycle」「太陽ノック」とアッパーなシングル表題曲を披露し、一気にオーディエンスはヒートアップ。
中国語での自己紹介MCの際には、“台湾へようこそ!”というボードをファンが掲げるサプライズにメンバーが感激するシーンも。
その後「夏のFree&Easy」「ガールズルール」「バレッタ」「今、話したい誰かがいる」「ぐるぐるカーテン」と、歴代のシングル表題曲を並べた前半戦のセットリストはまさに圧巻だった。

ライブ後半戦では、2018年の日本レコード大賞受賞曲「シンクロニシティ」や「制服のマネキン」「命は美しい」「インフルエンサー」など、マイナーかつビートの効いた楽曲を中心に展開。
本編ラストは齋藤飛鳥がセンターを飾る「ジコチューで行こう!」で締め括った。
現地ファンを中心としたオーディエンスのアンコールが鳴り止まない中、乃木坂46のライブ楽曲としては欠かせない「転がった鐘を鳴らせ!」「ダンケシェーン」「乃木坂の詩」の3曲をアンコールで披露。
全32曲を披露して約1万人のオーディエンスを魅了し、初となる台湾単独公演は大盛況の中、幕を下ろした。

乃木坂46が2017年からアジアを中心に展開している海外公演について、堀未央奈は「私達の握手会やライブに、わざわざ海外から日本まで足を運んでくれるファンの皆さん。今度は逆に私たちが皆さんの国に足を運んでライブが出来ることに感謝しています!」とコメント。
また齋藤飛鳥は「アンコールで披露した『ダンケシェーン』という曲の歌詞に“出逢えた事 それが運命”という歌詞がありますが、私たちのイベントのために日本まで来てくれる皆さんとは運命なんですかね。この台湾で皆さんをリアルに感じられて、本当に幸せな気持ちでいっぱいです!」と充実感をにじませた。

「NOGIZAKA46 Live in Taipei 2019」セットリスト

M1:裸足でSummer
M2:おいでシャンプー
M3:走れ!Bicycle
M4:太陽ノック
M5:夏のFree&Easy
M6:ガールズルール
M7:バレッタ
M8:今、話したい誰かがいる
M9:ぐるぐるカーテン
M10:逃げ水
M11:何度目の青空か?
M12:君の名は希望
M13:きっかけ
M14:悲しみの忘れ方
M15:Threefold Choice
M16:僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M17:せっかちなかたつむり
M18:言霊砲
M19:制服のマネキン
M20:世界で一番 孤独なLover
M21:僕だけの光
M22:命は美しい
M23:いつかできるから今日できる
M24:サヨナラの意味
M25:シンクロニシティ
M26:インフルエンサー
M27:ロマンスのスタート
M28:ハウス!
M29:ジコチューで行こう!
(本編終了)
EN1:転がった鐘を鳴らせ!
EN2:ダンケシェーン
EN3:乃木坂の詩

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!