「雪の華」公開記念舞台挨拶

登坂広臣、誕生日直前の中条あやみにサプライズ「役者っぷり発揮した」

登坂広臣(三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)と中条あやみが2日、都内の劇場で行われた映画『雪の華』の公開記念舞台挨拶を橋本光二郎監督とともに登壇。舞台挨拶の最中に登坂が中条にサプライズを仕掛けた。


トークの真っ最中に突然、登坂が黙ったまま降壇。会場を出ていくと、狼狽える中条の前に、花束を抱えて再登場し、「誕生日おめでとう」と、2日後に22歳の誕生日を迎える中条に花束を手渡した。中条は「ええ!? いま!? うそー!?」とビックリし、サプライズは大成功となった。

登坂は「大成功でした。すごい役者っぷり発揮しちゃいました」とドヤ顔を見せるも、「してなかったね。めちゃくちゃ大根役者でした。無言で去るっていう」と照れ笑い。
中条は「本当に焦った。体調悪くなって出ていっちゃったのかなと思って。“やばい、この場しのぎどうしよう”ってすごい焦っちゃった」と動揺を露わにしつつも、「えー、優しい」と撮影の苦楽を共にした登坂からのサプライズに感激した様子だった。

本作の撮影はちょうど1年前の2月2日、フィンランドの首都ヘルシンキでスタートした。昨年も同じように中条の誕生日を祝ったそうで、登坂は「去年もこういう感じでしたよね。あゆみちゃんが撮影している時に横の部屋でずっと待機して、みんなでケーキを用意して、監督がカットをかけた後に持っていった」と明かす。「クランクインしてまだ2日、3日とかだったので、普段あまりしない“HAPPY BIRTHDAY”みたいなパリピっぽいサングラスをして、勇気を出して『おめでとう!!』ってケーキを持っていったんですけど、わりとサラッと『ありがとー!』で終わった」と苦笑い。中条は「ハッピーバースデーの曲を、生まれて一番っていうくらい、すっごいいい声で歌われた。そこに感動しましたね」と思い出に残る誕生日を振り返った。

さらにサプライズは続き、本作の劇伴を手がけたヴァイオリニスト・葉加瀬太郎からのメッセージVTRがスクリーンで上映された。映画の公開を祝う言葉とともに、「Happy Birthday to You」のヴァイオリン演奏が届けられ、中条は「すごい!」「豪華ですね。まさかすぎて本当にビックリ」と大感激だった。

本作は、中島美嘉のラブソング「雪の華」を、主演に登坂広臣と中条あやみを迎えて映画化。東京とフィンランドを舞台に、余命1年を宣告された美雪(中条)と、ガラス工芸家を目指しながら妹弟の面倒を見る悠輔(登坂)の期間限定の恋模様を描く。
登坂は「企画の段階から長い時間をかけてこの作品に携わってきた方々が多くいて、2人で最後のクランクアップを迎えた後に、スタッフの方々が涙しているのを見て、この作品てこういう作品なんだなって自分も参加していて思った。そしてこうして公開を迎えて皆さんに届けられる日が来たと思うと、スタッフ一同、演者一同、努力した思いが報われたんじゃないかと思う」と充足感をにじませた。


関連記事