• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
中村倫也のお祝いに駆けつけた菅田将暉

菅田将暉、先輩・中村倫也のお祝いに駆けつける「自分のことのようにうれしい」<2019年 第43回エランドール賞>

俳優の菅田将暉が7日、都内で行われた「2019年 第43回エランドール賞」の授賞式に、新人賞を受賞した所属事務所の先輩・中村倫也のプレゼンターとしてサプライズ登場した。


例年、受賞者の共演者や関係者がプレゼンターを務めるエランドール賞の授賞式だが、今をときめく人気俳優の登場に会場は騒然。大きな歓声に包まれた。

中村に花束を手渡した菅田は「自分のことのようにうれしいです。中村倫也さんは、本当に大好きな、尊敬している先輩でして、そんな方の晴れやかな日に立ち会えたことがうれしいです」とスピーチ。「行って来いと言われて来たわけじゃなく、自分の意思で来ました」と明かし、「ずーっと、こんなに巧みで、こんなにバラエティに富んでいて、こんなにユーモアがあって、こんなにかっこいい人がいるのに、なんでもっと見てくれないのかなと、もっとみんな見てくれよと、僕は勝手にずっと思ってました。なので、今日は本当にうれしいです」と、先輩の受賞を喜んだ。
菅田がプレゼンターとして来ていることを知らされていたなかった中村は「今日の朝、昨年受賞したムロツヨシっていうオジさんがいるんですけど、やたら『スピーチ頑張れスピーチ頑張れ』と7件くらいメールが来まして、頭の中で完全にそうなってました。違う種類のパーマが来ました」と、ムロツヨシの登場を予想していたことを明かし、笑いを誘った。

授賞式後に行われた受賞者の囲み取材で、中村は菅田について「事務所の後輩でもあるんですけど、入ったときからこいつは絶対大物になるなと思っていて、大物になった時に奢ってもらおうと思って仲良くしていた」と冗談を交えつつも、「うれしかったです。あいつも先輩のことを喋るので気を遣わせてしまったかなという思いもありながら、うれしいのと照れくさいのと、という気持ちでした」と後輩の気遣いに感謝。
中村にはサプライズとなったが、「みんな知ってたんですってね? なんか芽郁ちゃんに聞いたら知ってたって」と、同じく新人賞を受賞した永野芽郁は菅田が来ることを知っていたそうで、「式の台本に全部名前が書いてあったって。僕は台本すら渡されてなかったです。きっと事務所の人間が中村を驚かせてやれと企んだんでしょうね」と語った。

また、2016年に同賞を受賞している菅田は、受賞時に「ご褒美にミシンが欲しい」と語っていたことから、ご褒美に欲しいものを聞かれると、「土地ですかね」と報道陣を笑わせていた。


関連記事