山崎賢人、豪華クリエイター集結の「二ノ国」で声優初挑戦「ワクワクしています」

声優初挑戦の山崎賢人

俳優の山崎賢人が今夏公開の邦画アニメーション映画『ニノ国』で主人公の声を担当することが決定。9日、都内で行われた製作発表会見に出席した。


現実と隣り合わせなのに全く違う“もう1つの世界”、二ノ国。高校生のユウと親友ハルは、幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに、2つの世界を行き来することに。現実と二ノ国の2人のコトナに命の危険が同時に迫る中、3人と二ノ国を巡る“究極の選択”とは――というストーリー。

数々の実写作品で主演を務めてきた山崎だが、声優挑戦は本作が初めて。「まさか声のお仕事をいただけるとは思っていなかった」と驚きを口にした。
「脚本を読ませていただいたときに、すごく面白くて鳥肌が立った」といい、「初めてなので、どういった場所でどういうふうに作っていくのかもわからないですけど、そこも楽しみながら、この『二ノ国』という作品を作り上げていくことにワクワクしています」と意気込んだ。

山崎が演じる主人公・ユウは、高校ではトップクラスの秀才で、車椅子で生活する高校生。親友のハルと付き合っている幼なじみのコトナへの想いを秘めている、という役どころ。
会見に同席したワーナー・ブラザース ジャパンの小岩井宏悦プロデューサーは、キャラクターについて「現世では極めてインテリで、車椅子に乗って生活していて、若干ナイーブなところがある青年なんですけど、二ノ国に行くと環境がガラッと変わって、すごく大きなプレッシャーの下にさらされることになる。その苦悩の中でいろんなことに直面していって、乗り越えなくてはいけないドラマがある」と説明した上で、「とにかく演技の幅が相当に広くないとダメ。明らかに今の演技力でいうと若手のナンバーワンだと思っているので、どうしても彼にお願いしたかった」と山崎を起用した理由を明かした。

本作は、「妖怪ウォッチ」の生みの親であるレベルファイブ代表取締役社長CEOの日野晃博氏が製作総指揮と原案・脚本を手がけ、スタジオポノックやスタジオジブリ作品で活躍した百瀬義行監督、ジブリ作品ほか様々な映画音楽を手がけてきた久石譲、という豪華タッグで製作。
日本を代表するクリエイターが集結した作品で初めて声優に挑戦することについて、山崎は「このような素敵な方々と一緒に世界に向けて作品を作っていけるというのは、本当に想像もしていなかった」と恐縮しきり。作品の内容になぞらえて、「一ノ国から二ノ国に行くみたいな、自分の中ではそんなファンタジーのよう。すごく光栄ですし、その分本当に全力で頑張らないとなと思っています」と気を引き締めた。

原作は約10年前にリリースされた同名のゲーム。「映画にもできる作品として映画化を常に意識し続けていた」という日野社長は「作品として素晴らしいものを作れそうだというプロジェクトなので、10年を経て映画化ということになりました」と経緯を説明。「恋愛もののドキドキとファンタジーとしての魅力を兼ね備えたものになっています」と作品に自信をのぞかせた。

※山崎賢人の崎はたつさきが正式


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!