平手友梨奈、“3年ぶりの自転車”練習風景公開 北川景子と取っ組み合いで爆笑も

「響 -HIBIKI-」メイキングドキュメンタリー

3月6日(水)発売の映画『響 -HIBIKI-』Blu-ray&DVD豪華版に収録される「メイキングドキュメンタリー」の一部が公開された。


映画は、欅坂46の平手友梨奈が映画初出演にして初主演を務め、「第42回日本アカデミー賞」をはじめとする数々の映画賞で新人賞に輝いた話題作。

公開された動画で最初に映し出されるのは、平手演じる鮎喰響と北川景子演じる編集者・花井ふみが、有名小説家の書斎で出会うシーンのメイキング。
響と、彼女を力付くで部屋から出そうとするふみが取っ組み合いになるのだが、撮影前に北川が平手をリードしながらアクションの確認を進めていく。本番では揉み合いながら争っていたが、カットがかかると笑いが止まらない2人。平手と北川が仲良く撮影を楽しんでいる様子が映像から見て取れる。

続いて、クランクインの前に平手が自転車の練習をしている様子を収めた映像。自転車に乗るのは、約3年ぶりという平手はスタッフに見守られながら、恐る恐る自転車を漕ぎ始める。果たして、再び自転車に乗れるようになったのか…?
最後に収められているのは、平手がクランクアップを迎えたシーンの舞台裏。車中から響 がふみに電話をするクライマックス。無事に撮影が終了し、オッケーの声がかかる。月川監督から直接花束を手渡された平手は笑顔で撮影を締めくくっていた。

豪華版には、メイキングドキュメンタリーの他にも、平手、アヤカ・ウィルソン、月川監督によるビジュアルコメンタリーやプロモーションイベントの模様などが映像特典として収録される。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!