「ギガ国物語」第3弾CM「家族会議」篇

白石麻衣、今度は北村匠海の頭にハリセン炸裂 「ギガ国物語」第3弾CM完成

岡田准一、土屋太鳳、白石麻衣、北村匠海が出演するソフトバンクのTV-CMシリーズ「ギガ国物語」の第3弾となる「家族会議」篇が2月20日から全国で放映される。


「ギガ国物語」は、岡田演じるリーダーの「オカダ」、土屋演じる真面目で純粋な妹的存在の「タオ」、白石演じる常に冷静沈着でりりしい「シライシ」、北村演じる気弱で他力本願ながら愛されキャラの「タクミ」の4人の旅人と、高性能AI搭載ロボット「サトウ」という個性的な面々が、「ギガ国」で起きているさまざまな現状に直面しながら旅をするストーリー。

第3弾は、慢性的なギガ不足に悩む「ギガ国」のファミリーレストランが舞台。4人の旅人と1体のロボットがファミリーレストランでつかの間の休息をとっていると、突如店内に「お願い!!」という少女の声が。思わず目線をやると、そこには中学生くらいの娘が何やら父親におねだりをしている様子。「あれは・・・?」と不思議そうな顔で見つめるタオに、リーダーのオカダが「家族会議だ・・・」と答える。すると、「お願い!スマホ買ってよぉー!」と立ち上がってねだる少女を見て、「スマホをめぐる・・・」「親子の・・・」「せめぎ合い・・・」と口々につぶやく旅人たち。「一生に一度のお願い!!!」と懇願する少女を見て、「嘘よ・・・!」と冷静にタオ。それを聞いたAIロボットのサトウは、「サンドメ!サンドメ!」と訴える。サトウの言葉を聞き、「三度目だと・・・!?」と少女を凝視するオカダ。「ちゃんと勉強するからぁー!」と続ける少女に、「絶対嘘だー!!」とタクミが頭を抱えると、「あんたと同じにするな!」と、どこからかハリセンを持ち出してタクミの頭を叩くシライシ。必死のおねだりについに折れた父親が、「わかったよ」と承諾すると、「やったー!!!」と両手を高く上げて大喜びする少女。その微笑ましい家族会議に、オカダが「ビバ!!」と大声で立ち上がり、「かぞーーーく!!」と家族愛を叫ぶ。

前回の撮影では、タクミ役の北村の頬を容赦なくつまむという場面があった白石だが、今度は頭を抱えるタクミを巨大ハリセンで叩くという、さらに激しいツッコミに進化。「前回つまんだときも(北村は)全然大丈夫です!と言ってくださいましたが、やはりちょっと躊躇してしまいます。ツンデレの役と聞いていましたが、今のところ“ツン”の部分しか出てないですよね(笑)。これから“デレ”が出るのかどうか私にも分かりませんが、期待していただけたら」と話す。

本CMシリーズについて、「セットが豪華で映画並のスケールなので、撮影ではすごく緊張してしまう」という白石。「でも、共演者の方々やスタッフの方々が皆さん優しい方ばかりで、本当に助けていただいています。特に土屋太鳳さんとは前回の撮影の後に別のお仕事でもご一緒したので、今回は撮影の合間でプライベートの話とかもできて、本当に楽しかったです」と撮影を振り返った。
今回のCMのキーワードとなる“一生に一度のお願い”については、「今でも(乃木坂46の)メンバーや家族のような身近な人にはけっこうすぐ使ってしまいますね(笑)。ちょっとしたことですぐ「一生のお願いー!」って言ってます。今使えるとしたら・・・うーん・・・今はお願いごとはないので、とっておきます!」と笑いながら答えてくれた。

なお、2月19日(火)から、土屋と白石が出演するWEB動画「撮影中です・・・土屋さん。」「撮影中で す・・・白石さん。」の2本がソフトバンク公式YouTubeアカウントで公開。撮影の合間にスマホで見ている動画に夢中になりすぎて、「まもなく本番です!」と声をかけられても全く気づかない2人の様子が描かれており、白石はここでもSキャラへの豹変ぶりを披露している。





関連記事