広瀬すずと是枝裕和監督

広瀬すず×是枝監督が5度目のタッグ「心強いお父さんのような存在」

女優の広瀬すずが出演する「earth music&ecology」の新CM「エシカルへ」篇が2月27日よりオンエア。テレビでの放映に先駆けて公式サイトで公開された。


CMを手がけたのは、『万引き家族』で日本人として21年ぶりに第71回カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞し、第91回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされている、日本を代表する映画監督の是枝裕和監督。広瀬とは、『海街diary』(15)、『三度目の殺人』(17)などに続いてこれが5度目のタッグとなった。

「いつもCMの仕事はスケジュールの問題などでなかなかお受けできないのですが、広瀬さんが出演ということで引き受けました。CMで等身大の彼女の二十歳の姿が素直に出ればいいなと思いながら撮影していました。」と語る是枝監督。
一方の広瀬は「是枝監督の撮影の時はいつも、その場で感情を作るような感覚なので、力を入れすぎることもなく、リラックスできました。ありのままという感じですね」と“素”の自分自身を表現できたことを話しながら、「屋上のシーンの時に、監督から『音を聞いてみたりして下さい』と言われたんです。その時に『音を聞くかぁ…是枝監督っぽいなぁ…』と思いました。」と印象的な撮影シーンを振り返った。

『万引き家族』がノミネートされている米アカデミー賞は今月25日(月)に発表となる。広瀬は、「いやー、本当に凄すぎて、またこうしてCMでご一緒できるなんて、なんて贅沢なんだ!と改めて思いました(笑)。異次元の世界にいらっしゃる監督をみると刺激的ですし、カッコいいです!でも、いつお会いしても初めて会った時から印象が全く変わらないのです。会うだけで何か安心感を得られ、演じるという事をリセットして頂ける気分になるんです。本当に心強いお父さんのような存在です」と興奮気味に語っていた。

関連記事