マジカル・パンチライン、新メンバー加入で6人体制に 6月にニューシングル&7月にワンマンライブ決定

6人体制となったマジカル・パンチライン

結成3周年を迎えたアイドルグループ、マジカル・パンチラインが24日、東京・渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて、ワンマンライブ「3rd Anniversary One Man Live~新しい靴で、大好きなキミのもとへ~」を開催。新メンバー2人の加入を発表した。


アンコールでスクリーンに映像が投影され、現メンバー4人を追いかけるように、2人の後ろ姿が映し出されると会場はどよめきに包まれた。ステージに6人が登場し、この日の公演の1曲目に4人でパフォーマンスした移籍第一弾シングルの「Melty Kiss」を6人で披露。パフォーマンスを終えると、リーダーの沖口優奈から、新メンバー2名を迎え入れたことが発表され、新メンバーとなる15歳の吉澤悠華(よしざわ・はるか)と13歳の吉田優良里(よしだ・ゆらり)が紹介された。

沖口はメンバー4人で話し合ったうえで新メンバーの加入を決断したことを明かし、「変化と進化を掲げて定期公演を行ってきました。その変化と進化の答えがこの6人体制でのマジカル・パンチラインです。新メンバーを加えた6人で覚悟を決めてアイドル界の高みを目指して挑戦していきます。どうかかわいい妹たちを温かく迎え入れて頂き、変わらず、マジカル・パンチラインを応援頂きたいです。宜しくお願い致します。」とファンに伝えた。新体制となったマジパンは、大きな拍手で温かく迎え入れられた。

サプライズはこれだけで終わらず、同日昼の公演で明らかになった、マジパン史上最大規模の1000キャパによる入場無料の大感謝祭の開催、そして、メンバーにも知らされていなかったという、6人体制での6月のニュー・シングル発売。さらに、7月の東京と大阪でのワンマンライブの開催が発表された。
驚きと喜びで涙が止まらないメンバーたち。沖口は、「本当にびっくりしたけど、とても嬉しい。この6人で力をあわせて、頑張っていきます!」と意気込みを語った。
そして、「このライブは4人では最初で最後のワンマンライブとなります。ラストの曲は4人でパフォーマンスさせて下さい。」と語り、新メンバーが舞台からはけると、「新たな目標に向かっていく私たちのすべての気持ちを込めて歌わせて頂きます。」と沖口が思いを伝え、4人では最後となるワンマンライブのステージで「ONE」を披露。「ONE」は、半年間がむしゃらに走り続けた彼女たちとそれを受け止め、支えてくれたファンへの応援歌。涙ながらに歌うメンバーに、会場も一体となり、最高潮の盛り上がりで3周年記念のワンマンライブは幕を下ろした。

(Photo:名和洋助)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!