登坂広臣、台湾で単独公演決定 ソロとしてEXILE TRIBE初の挑戦

登坂広臣

三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカル・登坂広臣が自身初の海外公演となる「HIROOMI TOSAKA 台北演唱會 2019 SUPERMOON ~UNDER THE MOONLIGHT~」を、7月20日、21日に台湾・台北市で行うことを発表した。


登坂にとって台湾は、2016年にEXILE TAKAHIROとともにW主演を務めた映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の海外プレミア上映イベントで訪れた思い出の地。レッドカーペットでは殺到したファン1,000人から熱烈な歓迎を受け、現地ファンの期待に応える形で「いつかライブをしに台湾に戻ってきたい」と呼び掛けていた。

その後、登坂は三代目J SOUL BROTHERSとして史上最多となる年間ライブ動員数やドーム公演数を記録するなど、精力的に活動する一方、2017年7月にHIROOMI TOSAKA名義の配信シングル「WASTED LOVE」でソロ・プロジェクトを始動。2018年に行った初のソロアリーナツアー「HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 “FULL MOON”」では、全国11都市で23公演を行い24万人を動員するなど、目を見張る活躍を見せている。

これまで、EXILEが2011年に中国・北京国家体育場で開催された日中韓12組の音楽祭「三国演義 中日韓風雲音楽祭」、EXILE ATSUSHIが2012年に中国・海南島で行われた総合エンタテインメントの祭典「第6回テンセント星光大典」に出演したことはあったが、EXILE、三代目J SOUL BROTHERSともに、海外での単独公演の経験はない。
唯一、EXILE TRIBEでは、GENERATIONS from EXILE TRIBEが2015年、2017年と二度、ワールドツアーで単独海外公演を行っているが、ソロアーティストとして単独公演を行うのは、EXILE TRIBEでも初の挑戦となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!