9nine、4月の中野サンプラザ公演をもって活動休止

9nineが活動休止を発表

4人組パフォーマンスガールズユニット・9nineが、活動休止することを発表した。


4月6日に中野サンプラザで開催する単独ライブ「9nine one man live 2019 -Forever 9nine-」がラストライブとなる。今後は、音楽ライブ活動を休止し、吉井香奈恵、村田寛奈、佐武宇綺、西脇彩華、それぞれの個人活動に軸を置く。

所属事務所の発表によると、2017年の秋頃から「このまま変わらぬ形でグループ活動していくことが、メンバーそれぞれの将来にとって最高の選択なのか」をメンバー、スタッフ、それぞれがそれぞれの立場で真剣に考え、時間をかけて話し合いを重ねるようになり、話し合いの末、メンバーひとりひとりが新しいことに挑戦し、責任を持って個人活動に取り組み、成長するべきだという結論に達したという。

2005年9月に結成された9nineは、川島海荷ら数人のメンバーの入れ替えを経て、2016年7月より現在の4人体制に。
2014年には日本武道館でグループ最大規模の単独公演を成功させ、2016年以降は数多くのアニメタイアップ曲をひっさげて、ロサンゼルスやノースカロライナ、スペインのグラナダ、上海、香港、台湾など、海外でもライブを行った。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!