乃木坂46・齋藤飛鳥、防災意識を啓発「若い世代にも広めていけたら」

齋藤飛鳥が出演する「第2回全国統一防災模試」TV-CM

乃木坂46の齋藤飛鳥が出演する「第2回全国統一防災模試」のTV-CMが3月1日(金)より放映される。


ヤフーが実施する「全国統一防災模試」は、平成に発生した災害からの学びを次の時代へ伝え、災害の備えへの重要性を啓発するため、「Yahoo! JAPAN」アプリおよび「Yahoo! JAPAN」スマートフォン向けウェブページ内にて、防災に必要な知識を問うもの。昨年3月に第1回を実施し、約155万人が参加した。

TV-CMは、ヤフーの防災啓発活動イメージキャラクターである本木雅弘が出演するバージョンと若者世代の代表として齋藤飛鳥が出演するバージョンの2パターン。
齋藤出演のバージョンでは、真剣な表情の齋藤が、「平成は、災害の時代だったと思う。もう起きないでって、どれだけ願っても、きっとまた『いつか』はやってくる。そのとき私は何ができるんだろう。知りたい。命を守る方法を。次の時代を、生きなきゃ」と語りかけ、「第2回全国統一防災模試」への参加を呼びかける。
齋藤は「初めての『防災』テーマのキャンペーンだったので、すごく新鮮な気持ちで取り組むことができました。また、防災模試を通して、初めて知ることが多かったので、まだまだ学ぶことがあると実感しました。ぜひ、今回のキャンペーンで、防災の知識や日頃から備えることの大切さを、若い世代の方々にも広めていけたらと思います」とコメント。

齋藤は同日より渋谷に掲出される「全国統一防災模試」の参加を促す巨大広告への出演や、「第2回全国統一防災模試」で出題される、ドラマ仕立ての設問にも本木ともに登場する。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!