2018年最も雑誌の表紙を飾ったのは大原優乃!齋藤飛鳥&浅川梨奈が部門賞連覇 <第5回カバーガール大賞>

第5回カバーガール大賞

カバーガール大賞実行委員会が3月4日“雑誌の日”を記念して「第5回 カバーガール大賞」を発表。大原優乃が大賞を受賞した。


同賞は、2018年1月~12月までに発売され、オンライン書店 Fujisan.co.jp で取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10,000誌を調査。表紙を飾った回数の多かった女性を表彰する。

大賞:大原優乃
大賞:大原優乃

過去の大賞受賞者、石原さとみ、高畑充希、有村架純に続いて栄冠を手にしたのは、2016年までDream5としてNHK紅白歌合戦や日本レコード大賞に出場し、活動終了後、一昨年よりグラビアデビューしたばかりの大原優乃。
Fカップの豊満ボディを武器に「週刊プレイボーイ」「FRIDAY」「週刊少年チャンピオン」などの表紙を飾り、大賞のほか、グラビア部門、10代部門を制した。
「写真集を出すっていう目標を昨年の3月に叶えることが出来たので、次の目標何にしようって考えてるときに、1番にこのカバーガール大賞さんで賞を取りたいっていう目標を作った」という大原は、「何回も撮影をしていると繰り返しになってしまうことが嫌で、そうにならないように考えた時に、カバーガール大賞を取るっていう目標に支えられて頑張れた1年だった」と、充実の2018年を振り返った。

エンタメ部門:齋藤飛鳥
エンタメ部門:齋藤飛鳥

エンタメ部門で1位に輝いたのは、前回に続き乃木坂46の齋藤飛鳥。総合順位も昨年の8位から3位へと躍進した。
なお、乃木坂46からは総合順位トップ10に与田祐希(6位)、白石麻衣(9位)の2人がランクイン。先日、卒業コンサートが開催された西野七瀬も8位に入っている。

コミック部門:浅川梨奈
コミック部門:浅川梨奈

コミック雑誌部門は、今年の1月にアイドルグループ・SUPER☆GiRLSを卒業した浅川梨奈が3連覇を達成。「週刊ヤングマガジン」「ヤングガンガン」など数々の表紙を飾った。
ファッション部門は井川遥が初受賞。「&ROSY」で2017年10月号から毎号表紙を飾っているほか、「LEE」や「GLOW」といった雑誌の表紙も飾った。

話題賞は2018年5月28日発売の「ELLE JAPON 7月号」と、その表紙でモデルデビューを果たした大型新人モデル・Kōki,が選ばれた。

Copyright(c) Fujisan Magazine Service Co., Ltd. All Rights Reserved.

「第5回カバーガール大賞」

【大賞】 大原優乃

【エンタメ部門】 齋藤飛鳥(乃木坂46)
【コミック雑誌部門】 浅川梨奈
【ファッション部門】 井川遥
【グラビア部門】 大原優乃
【話題賞】 ELLE JAPON/ Kōki(7月号)

【10代部門】 大原優乃
【20代部門】 吉岡里帆
【30代部門】 石原さとみ

【トップ10】
1位 大原優乃
2位 浅川梨奈
3位 齋藤飛鳥(乃木坂46)
4位 小倉優香
4位 吉岡里帆
6位 与田祐希(乃木坂46)
6位 石原さとみ
8位 西野七瀬
9位 綾瀬はるか
9位 白石麻衣(乃木坂46)
9位 広瀬すず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!