• その他
  • その他の芸能・エンタメニュース。舞台・書籍・ラジオなどの話題はこちら
写真集を発売したあの(ゆるめるモ!)

ゆるめるモ!・あの、グループ継続の肝は「ほどほどの仲を保つ」

アイドルグループ・ゆるめるモ!のあのが5日にファースト写真集「ANOther」を発売。これを記念して10日、都内の書店でお渡し会イベントを開催した。


イベント前の囲み取材で、記者からグループの目標を聞かれると、「解散しないことですかね」とひと言。近年、中堅アイドルグループの解散が相次いでいることに少なからず危機感も感じている様子で、「常にグラグラな状態なんですけど、なんとか解散せずにいきたい」と話す。解散しないための秘訣を問われると、「ほどほどの仲を保つ。仲良すぎちゃダメなので、あまり仲良くしてないです。プライベートは本当に遊ばないです」と従来のアイドルの型にはまらない回答で笑いを誘った。

初めての写真集についても「本当に出せると思ってなかった。大人は信用できないので、最初に話をもらったときは実現しないだろうなと思っていたから、実現してうれしいです」と彼女らしいコメントで、完成した本を手にした今も「(大人は)まだ完璧には信用できない」とマイペース。
鹿児島県指宿市とカンボジアの2ヵ所でロケを行い、指宿では「予定にはなかったけど、指宿は海がきれいで、眼の前に海があったから飛び込んじゃおうって、飛び込んだ」、カンボジアでは撮影中に遊んだ現地の子どもたちと仲良くなり、「撮影が終わって移動で車に乗っていたら自転車で追いかけられた」と思い出を振り返った。

本写真集は「アイドルみたいな姿よりはナチュラルな感じで撮りたいと話していた」と、“自然体”を意識して制作。ランジェリー撮影にも挑戦したが、水着のカットはなし。「プライベートで水着を着たことが一度もないので」と、等身大の自分らしさにこだわった。

ランジェリー撮影については「新しいことに挑戦していきたい」という気持ちもあったようで、他に挑戦したいことを尋ねられると、「プライベートでもっと人との関わりを増やしていきたい」と前向きな発言。周囲からも「ちゃんと喋ろ」と言われるそうで、「今まで友達も少なかったので、無理やりでも周りの人間と喋っていきたい」と人間関係の拡大を狙う。

仕事面では今年、ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』(MBS/TBS)や、現在公開中の映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』などに出演。「最近演技のお仕事をちょっとだけするようになって、その楽しさが実感できてきたので、いただけるお仕事は何でもやりたいし、演技も頑張りたい」と女優業への意欲を覗かせていた。



(左3枚:撮影/松岡一哲 右2枚:撮影/川島小鳥)


関連記事