「めざせ!プログラミングスター 〜プロスタ★キッズ大集合〜」記者発表会見

=LOVE&≠MEがプログラミングを一緒に勉強 収録前に指原Pから送られたアドバイスとは?

HKT48の指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)と、その姉妹グループとして今年2月にお披露目されたばかりの≠ME(ノットイコールミー)が14日、都内で行われたBS日テレの新番組『めざせ!プログラミングスター 〜プロスタ★キッズ大集合〜』の記者発表会見に出席した。


番組では、2020年4月から小学校の必修科目となるプログラミングについて、教育(EDUCATION)と娯楽(ENTERTAINMENT)を合わせた“EDUTAINMENT”という造語をスローガンに、出演者と視聴者が音楽、ゲーム、ドローンなどの娯楽を教材として、楽しみながら理解していく。
全国にプログラミング教室を展開し、昨年の8月に東京・台場で子どもたちがシミュレーションした花火を打ち上げる花火大会を開催した、Mr.Fusionが番組作りをバックアップする。

=LOVEのメンバーを代表して山本杏奈は「こんなに大きな番組をやらせていただくのは初めてで、すごく緊張しているんですが、初めての後輩ちゃんのノイミー(≠ME)ちゃんと一緒にやるということで、先輩らしく頑張りたいなと思います」と意気込み。「私たちもケータイ大好き、ゲーム大好きの世代なので、まだ勉強し始めたばかりなんですけど、いつかコンサートに活かせたら」とプログラミングの可能性に期待を寄せた。

≠MEの冨田菜々風は「まだ出てきて間もない私たちですが、このような番組に出演させていただけてすごくうれしいです」と、やや緊張の面持ちで初々しく挨拶。「私たちはゼロからのスタートなので、これから見てくださる皆さんと一緒に、楽しく学んでいけたらなと思います」と意気込んだ。

番組出演に際し、指原プロデューサーから何かアドバイスがあったかと聞かれると、=LOVEの大谷映美里が「今朝、指原さんに『これから収録なんです』と連絡をしたら、アドバイスと教訓をいただきまして、『今の時代はアイドルも何かできないといけないから、手に職をつけて帰ってきてね』と言われました。あと収録に関しては、『いつもよりリアクション大きめに、笑顔いっぱいで頑張って』と言われました」と明かす。

姉妹グループの共演について、=LOVEへの「先輩として負けられない?」という質問には、佐々木舞香が「そういうこともあるんですけど、基本的には仲良くしていきたい。私たちも初めての後輩なのでどうしていいかっていうのがちょっと掴めていない感じがあるんですけど、せっかく共演する機会があるので、ここでより仲良くできたらなと思っています」と、まずは誕生したばかりの妹分と親睦を図りたい様子。
一方、≠MEの谷崎早耶は「=LOVEさんと共演させていただく機会をいただけて、すごくうれしいです。≠MEのメンバーも今までずっと=LOVEさんに憧れていたメンバーばかりなので、すごく緊張しているんですけど、先輩方に追いつけるように、一緒に楽しく学べたらいいなと思っています」と語った。

番組には=LOVE、≠MEとともに新羅信二(若旦那)が生徒として出演。日本テレビの郡司恭子アナウンサーが進行を務める。
スタジオ収録のほか、=LOVEや≠MEのメンバーが2人1組でロケにも出かけ、IOT(Internet of Things)により、困っている人が助かったり、便利になったりしている事例のレポートや、障がい者の職業選択を広げる可能性を秘めているプログラミングを紹介する。

『めざせ!プログラミングスター 〜プロスタ★キッズ大集合〜』は4月6日(土)より毎週10:30~11:00、BS日テレにて放送。
また、放送終了後よりHuluにて見逃し配信に加え、さらに詳しく知りたい視聴者のために「補修編」と題したオリジナルコンテンツを配信する。

hulu


関連記事