ラストアイドル「超十代」に登場 ライブ&ランウェイでティーンの祭典に華添える

ライブパフォーマンスを行ったラストアイドル

ラストアイドルが26日、千葉・幕張メッセで開催された「超十代 – ULTRA TEENS FES – 2019@TOKYO」に登場。ライブパフォーマンスとランウェイでティーンの祭典に華を添えた。


ラストアイドルからは、SHOWROOMを使用した「超十代2019」出演権争奪バトルを制した岡村茉奈、篠原望、高橋みのり、米田みいな、高橋美海の5人と、朝日花奈、池松愛理、石川夏海、西村歩乃果、畑美紗起の計10名がモデル出演。笑顔を振りまきながら堂々とランウェイを歩いた。

ライブではまず最初に2期生が登場し、「愛しか武器がない」をクールにパフォーマンス。暗転すると2期生と入れ替わって登場したLaLuceがデビュー曲「バンドワゴン」を披露。さらにLaLuceに石川夏海と西村歩乃果を加えての7人で「好きで好きでしょうがない」を力強くいパフォーマンスして締めくくった。

最後は4月17日にリリースする6thシングル「大人サバイバー」をPRした後、阿部菜々実が「今日はこんな素敵なステージに立つことができて本当にうれしかったです。皆さんこの後も超十代楽しんで行ってください!」と挨拶して、ステージを後にした。

今年で4回目の開催を迎えた「超十代 – ULTRA TEENS FES – 2019@TOKYO」は、10代の「やってみたい!」「見てみたい!」「触れてみたい!」を実現させる体験型イベント。
藤田ニコル、池田美優をはじめティーンに絶大な人気を誇るモデル、タレント、TikToker、YouTuberらが出演し、ファッションショーやトーク、ライブパフォーマンス等で1万1663人の来場者を沸かせた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!