• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら

日向坂46、キュートなダンスと力強いパフォーマンスでグループの個性をアピール <TGC2019S/S>

けやき坂46から改名し、今月27日にデビューシングルをリリースした日向坂46が30日、神奈川・横浜アリーナで開催された「マイナビ presents 第28回東京ガールズコレクション 2019 SPRING/SUMMER」に出演。ライブパフォーマンスを披露した。


アーティストライブのトリに登場した日向坂46は、自己紹介代わりにデビューシングル「キュン」を繰り出し、ライブをスタート。
パフォーマンス後のMCではキャプテンの佐々木久美が「TGC楽しんでますかー!?」と元気よく客席に問いかけ、「私たち日向坂46は3月27日にデビューさせていただいたばかりで、先程披露させていただいた『キュン』という曲が私たちのデビュー曲なんです。だから今日、私たちのことがちょっとでも気になったという方は、“キュンキュンダンス”という可愛いダンスもこの曲には含まれているので、是非チェックしてみてください」と、アピールした。
「最後まで一緒に盛り上がっていけますかー!? 楽しんでいきましょー!!」とライブを再開。可愛らしい楽曲から一転、いつもの煽りから、日向坂46のライブに欠かせない「誰よりも高く跳べ!」へ。途中からメンバーがランウェイへと駆け出し、大サビ前には佐々木久美が「TGC跳べー!!」と声を張り上げ、会場のボルテージをさらに引き上げる。最後は「NO WAR in the future」を力強く歌い上げて締めくくった。

この日、日向坂46はライブパフォーマンスの他、メンバーの加藤史帆、小坂菜緒、佐々木久美、佐々木美玲、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、齊藤京子、富田鈴花、濱岸ひよりの10人がモデル出演し、TGCのランウェイを華やかに彩った。

東京ガールズコレクションは2005年から年2回開催されている国内最大級のファッションイベント。
“平成最後のTGC”となった今回は、一人ひとりが主役になれる未来への願いが込められた「it Me」をテーマに開催。人気モデルによるファッションショーをはじめ、豪華アーティストによる音楽ライブや、旬なゲストが多数登場するスペシャルステージなど、多彩なコンテンツが行われ、述べ3万1,800人の観客を沸かせた。


関連記事