「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」ポスタービジュアル

山下美月が男たちを翻弄する「電影少女」予告映像公開 桂正和による衣裳デザインも

山下美月(乃木坂46)と萩原利久がW主演する連続ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京/4月11日スタート・毎週木曜深夜25:00~25:30)の予告映像とポスタービジュアルが公開された。


ドラマは桂正和による人気漫画「電影少女」を実写化し、西野七瀬と野村周平のW主演で2018年1月に放送された『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』に続く、シリーズ2作目。
前作から一転し、“悪のビデオガール・神尾マイ”と、彼女によって道を踏み外していく少年の物語を描く。
ビデオを再生した主人の望みを叶えるべく、その命令に忠実に従うマイ。その悪女的な魅力で人々を魅了し翻弄していく、彼女の真の目的とは!?
公開された予告映像では、連続ドラマ初主演となる山下が扮するダークヒロインと、彼女によってもたらされる波乱の予兆が描かれている。

また、原作者・桂正和自らマイの衣装をデザイン。さらに、総監督の関和亮がスチール撮影やクリエティブディレクションを行うなど、一流スタッフが全力でダークなビデオガール・マイの世界観を表現している。



原作:桂正和コメント

原作のまいの衣装は、普通な服と、コートを羽織った、アクティブな服の二通りあるのですが、実写ドラマ用に、混ぜあわせて一つにまとめてデザインしました。漫画ではまいの登場時、服を行動とギャップが出るよう清楚にデザインしたんですが、ドラマ版では、上着の袖にレースを使用し、シースルーにすることでセクシーさも出るよう工夫しました。
上着と一体感のあるコートもポイントです。漫画のイメージを損なわず、アレンジできたのではないかと思っています。

第1話あらすじ

叶野健人(萩原利久)の通う高校では、「マイ!」と叫び暴れる生徒が続出する事件が起きていた…。ある日、健人の幼馴染だった現役女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)が転校してくる。思い切って由那に声をかけるが、由那は健人のことを覚えていない。その頃、彼女にフラれムシャクシャしていた柳(柾木玲弥)は、放送室から『神尾マイ(山下美月)「元気を出して」』というVHSを発見する。

関連記事