欅坂46・渡邉理佐「周りの方々のおかげ」1st写真集が“異例”13万部スタート

1st写真集の刊行記念イベントを行った渡邉理佐

欅坂46の渡邉理佐が8日、1st写真集「無口」(集英社/4月10日発売)の刊行を記念したお渡し会イベントを都内で開催。イベント前に報道陣の取材に対応した。


初版13万部という、坂道シリーズの1st写真集としては最多部数でスタート。渡邉は「周りで支えてくださる方々のおかげ。周りの方に感謝したい」と謙虚な姿勢で「応援してくださる方が『見たいな』って思ってくれるような一冊を頑張って作ったので、男女問わずたくさんの方に見ていただけたら」と語った。

本写真集は、アメリカ・マイアミと バハマの島々を巡る“アイランドホッピング”ロケで撮り下ろし。撮影を振り返り、「すごく海がきれいで、自然もたくさんありましたし、建物もカラフルで、“インスタ映え”みたいな写真もたくさん撮っていただいて、すごく楽しかった」とニッコリ。お気に入りはマイアミのゲームセンターでのショット。「カメラのことを忘れるくらいゲームに夢中になって楽しんでいるところを撮っていただきました。素に近い感じなんじゃないかな」と満足そうに微笑んだ。

「無口」というタイトルについて聞かれると、「最初は人見知りを発揮するので無口かもしれないけど、心を開いたり、仲良くなると結構はしゃいだりするので、第一印象とは違うんじゃないかなと思う」と自己分析した上で、「私自身はそこまで無口というわけではないんですけど、おとなしかったりもするので、そういう意味も込めて秋元さんが付けてくださったと思う。写真集を見終わった後でタイトルの意味がわかるんじゃないかなと思うので、写真集を見ながら感じていただければ」と話した。

地球上で唯一“砂浜がピンク“というインスタ女子憧れの聖地、エルーセラ島のピンクサンドビーチでは初の水着カットを撮影。
撮影前には体作りも行ったそうで、「2ヶ月くらいジムに行ってトレーニングしたりとか、食事制限とかもしながら、体作りをしました。ただ細いだけじゃなくて、締まっているところは締まっている、きれいな体にしたくて、頑張りました」とコメント。理想の体に近づけたかという問いに「なんとなくは」と、はにかんだ。
大胆なシャワーシーンについては、もともと撮る予定はなかったそうで、「ホテルで撮影している時にシャワーがあったので撮ってみようかという流れになって」と経緯を明かし、「恥ずかしかったし緊張もしたんですけど、海外ということもあって、自然と空気が背中を押してくれた。そこまであらたまりすぎずに、割りと自然に撮れたんじゃないかなと思います」と振り返った。

渡邉は欅坂46一のクールビューティーと呼ばれ、グループを牽引する傍ら、女性ファッション誌「non・no」の専属モデルとしても活躍。「ファンの方は私のことをクールとか、そういう印象を多く持っているのかなと思うんですけど、そうじゃない一面だったりとか、笑顔とか、まだファンの方が見たことないような表情がこの一冊にたくさん詰まっていると思う」と写真集をアピールした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!