[Interview]ラストアイドル・1期生&2期生混合で和気あいあいトーク! “歩く芸術”の次にやりたいことは?

篠田萌、長月翠、阿部菜々実、間島和奏、畑美紗起(左から)

オーディオコメンタリーで1周年コンサートを振り返る

―今作の特典映像には1周年記念コンサートのライブ映像が収録されますね。オーディオコメンタリーの収録もされたそうですが、久しぶりにコンサートの映像を見ていかがでした?

長月 楽しそうでした。オーディオコメンタリーの収録をした時は団体行動の真っ最中で、“これからラストアイドルどうなるんだろう?”っていう時に、自分たちがキラキラしている姿を見て、“やっぱり私たちはこうじゃないと”って思いました。歌いたいな、踊りたいなっていう気持ちがまたすごく湧いてきました。

阿部 TYPE-B(の収録パート)では、MCの企画で’“萌えセリフ”を言うコーナーみたいなのがあったんですけど、オーディオコメンタリーで私たちも言う羽目になってしまって……恥ずかしかったんですけど頑張りました(笑)

間島 私は普段まず自分のライブ映像を見返さないタイプなんです。絶対見たほうがいいなと思うんですけど、恥ずかしすぎてどうしても見れなくて。だからライブ映像を見たことに対しての恥ずかしさもあったんですけど、今回オーディオコメンタリーの司会をやらせていただいていて、その恥ずかしさもあって、みんなにぎこちない喋りで振ってしまいました(笑) 1周年ライブって1期生と2期生がコラボした楽曲もあったので、そのイチャイチャ感も楽しんでもらえるんじゃないかなと思います。

―間島さんはSomeday Somewhereの「Again & Again」での篠原望さんとのWセンターがエモい演出でしたね。

間島 「立てた~!」って(笑) やっと立ったなって自分でも思いました。

長月 ハイジやん。

全員 (笑い)

間島 そこもTYPE-Aの見どころの1つとして、その時もエモかったと思うんですけど、今あらためて見ても画面越しにエモさが伝わると思うので、是非見てほしいなと思います。

―2期生のお二人にとっては初めての全体コンサートでした。

篠田 2期生はまだ「愛しか武器がない」しか曲がなかったので、それだけ出ると思ってて、スタッフさんに「(コンサートに)お母さん呼ぶ?」って言われた時に「いいです~」って断っちゃって(笑) (1期生と)一緒にやらせていただくことなんて想像していなかったので、ビックリしました。振り入れの時も先輩方が優しく教えてくださって、うれしかったし、いい経験になったし、これから一緒に頑張っていけるんだなと思いました。

この春はじめたいこと。

―話は変わりますが、新生活の季節なので、プライベートで新たに挑戦したいこと、始めたいことがあれば教えてください。

長月 貯金! 引っ越しをしたいと思っているんですよ。ね?

篠田 はい。

長月 なんか一緒に住むみたいになっちゃったんですけど(笑)、そういうわけじゃないんですけど。

全員 (笑い)

長月 1~2年くらい前から「一人暮らしをしよう」と心に決めているのになかなか実行できず、せっかく貯めたお金も他のことに使ってしまったりしたので、今回こそは絶対に引っ越すぞと。最近、朝が早すぎて限界を感じてきているので……渋谷まで15分とかだったら幸せじゃないですか? それを目指して貯金を頑張りたいと思います!

篠田萌、長月翠、阿部菜々実、間島和奏、畑美紗起(左から)
篠田萌、長月翠、阿部菜々実、間島和奏、畑美紗起(左から)

―他の方はどうでしょう?

阿部 (挙手して)ピアノ。幼稚園のときに半年だけやってたんですけど、この間マネジャーさんに「ピアノかキーボードやりませんか?」って急に言われて、「暇な時にやります」って答えたので、始められたらいいなって思ってます。

長月 じゃあギターやるからバンドやろう。

阿部 オッケー(笑)

―長月さんギター弾けるんですか?

長月 できません……一緒に春から始めます(笑) じゃあ誰かドラムとか……あ、ギター弾けますよね!?

 はい、でも萌も弾けます。

長月 じゃあ私、ベースやるんで(笑)

間島 じゃあドラムで。私、半年くらいやってた。

全員 え~~~!!

間島 地元の札幌にいた頃、唐突に楽器やりたくなって、親に「ドラムいいじゃん!」みたいに言われてやったんですけど、全然長続きしなかった(笑)

―畑さんと篠田さんはどこでギターをやっていたんですか?

 大学生のときに軽音サークルに入っていて、そんなに毎日活動するサークルじゃなかったので、5人で自主的にガールズバンドを組んでやっていて、サークルのライブがある時にたまに出させてもらったりしていました。趣味程度なので、練習を頑張れば弾けるっていう感じです。もともとピアノをやっていたので、サークルのライブではキーボードを担当していました。

篠田 私も高校の時にギター部っていう軽音楽部みたいな部活に所属させてもらって、そこではボーカルだったんですけど、同級生にすごくギターが上手い子がいて、それを見て「負けてらんねえな」と(笑)、闘志が芽生えてしまって練習したんですけど、それからラストアイドルの活動が忙しくなってしまって今は弾けていないので、また機会があればやりたいです。

―それでは最後に、少し早いですが、今作の発売を記念して6月9日(日)にマイナビBLITZ赤坂で開催されるプレミアムライブへの意気込みをお願いします。

阿部 はい。いつものライブとは違った、52人だからこそできる企画もやってみたいですし、とにかく自分たちが楽しんで、お客さんにも楽しんでもらえるようなライブにしたいなって思います!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!