秋元康プロデュースのガールズバンド「ザ・コインロッカーズ」初の楽曲はドラマ「俺のスカート、どこ行った?」主題歌

ザ・コインロッカーズ

秋元康氏がプロデュースする総勢39人組のガールズバンドプロジェクト「ザ・コインロッカーズ」が、4月20日(土)にスタートする日本テレビ系新土曜ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』の主題歌を担当することが発表された。


ザ・コインロッカーズは、「夢は弾いてかなえろ!」をキーワードに掲げ、昨年の9月よりオーディションをスタートし、応募者1万人中から39人を選出。12月23日にバンド結成を発表した。
楽曲毎にその世界観に合わせてメンバーを選抜する、世界にも類を見ない全く新しいガールズバンドプロジェクトで、メンバーは音楽経験、年齢、キャラクターも様々な個性溢れる39名が所属。
主題歌に決定した「憂鬱な空が好きなんだ」は、ザ・コインロッカーズが初めて発表する注目の楽曲となっており、メロディアスながらも、ロックの疾走感が際立つ、バンドナンバーに仕上がっている。
現在、ザ・コインロッカーズは各メンバーがデビューに向けての選抜入りを目指して奮闘中だという。

ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』は、古田新太が、かつてはゲイバーを経営していたゲイで女装家、高校の新任国語教師の「原田のぶお」52歳を演じ、歯に衣着せぬ物言いと行動力とあふれる愛で奮闘する痛快学園エンターテインメントドラマ。主演の古田新太ほか、教師役として松下奈緒、白石麻衣(乃木坂46)、原田のぶおが受け持つクラスメイトに、永瀬廉(King & Prince)、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、長尾謙杜(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、校長先生役でいとうせいこうらが出演する。奇想天外な学園エンターテインメントドラマ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!