「映画 としまえん」完成披露上映会

北原里英・浅川梨奈ら、としまえん舞台の「映画 としまえん」で「乃木坂みたいなやつ」希望

東京・練馬区のアミューズメント施設「としまえん」を舞台 にしたホラー映画『映画 としまえん』の完成披露上映会が17日(水)、ユナイテッド・シネマ としまえんで行われ、北原里英、小島藤子、浅川梨奈、松田るか、髙橋浩監督が舞台挨拶に登壇した。


出演が決まったときの心境を聞かれると、ホラー映画が好きだという主演の北原は「ホラー映画は初めてなので、うれしかった。グループ卒業後の初映画でも、初主演映画でもあったので気合い入ってます」と本作にかけた意気込みを述べ、『人狼ゲーム マッドランド』『血まみれスケバンチェーンソーRED』などに出演してきた浅川は「なぜか血を浴びる役は多いんですけど、私自身としてはホラー作品が得意ではなかった」といい、「この作品は好きな子がたくさんいる。顔面偏差値が高いので、そこだけを楽しみにしてました。オッサンです」と笑いを誘った。

本作は、老舗遊園地としまえんの、ネット上でまことしやかに囁かれる都市伝説を、としまえんの全面協力で映画化。
松田は「『としまえん』っていう題名で、としまえんでホラー映画やるのかって思いました。だって、これで『えっ、としまえん怖い』ってお客さんが減ったらどうしようもない。すごい賭けに出たなと思いました」と、としまえんの協力に驚きつつ感謝。ほぼ全編を同所で撮影しており、キャストたちは「実際に同じ場所に行ける」「聖地巡礼も楽」とトークに花を咲かせた。

最近は『翔んで埼玉』など特定の地元をフィーチャーした映画がヒット。練馬区を代表するアミューズメント施設を題材とした本作でも、練馬区民限定の出演オーディションが実施されるなど、地元密着の映画となっていることから、地元に応援してもらいたいということで、キャストに「映画をヒットに導くために練馬区に期待することは?」と質問。
北原は「練馬区の方は全員見てほしい」と期待を込め、松田は「全練馬区内の商店街にポスターを貼っていただきたい」と嘆願。
ここで浅川が、本作は西武鉄道にも協力してもらっていることに触れて、「車内のモニターで予告篇を流してほしい。あと駅にポスターを貼ってもらうとか」と発案。すると松田が「あっ!わかった!」と声をあげ、続いて北原も「私も思いついた!」とニヤリ。松田が「豊島園の駅の発車ベルを……」と言いかけると、北原と浅川も「一緒!一緒!」と大興奮。浅川は「あれでしょ? 乃木坂駅で乃木坂(46の「君の名は希望」が)流れるみたいなやつでしょ?」と大盛り上がり。松田は、としまえんのシンボルとも言える世界最古級のメリーゴーラウンド「カルーセルエルドラド」のミュージックにしたらいいのでは、と提案していた。

『映画 としまえん』は、5月10日(金)よりユナイテッド・シネマ としまえんほか全国で公開。


関連記事