ハルレオ アーティスト写真

小松菜奈&門脇麦「さよならくちびる」劇中ギターデュオでメジャーデビュー MVも解禁

5月31日(金)公開の青春音楽映画『さよならくちびる』で、小松菜奈演じるレオと門脇麦演じるハルで構成される人気ギター・デュオ“ハルレオ”が、メジャーデビューすることが決定した。


5月22日(水)にリリースされるハルレオのEPには、秦基博がプロデュースを担当した、映画の主題歌「さよならくちびる」、あいみょんが作詞作曲を手掛けた挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」を収録。劇中、それぞれに秘めた想いを抱えるレオとハル、そしてシマ(成田凌)の旅を支える、どれも物語の重要な役割を担っている楽曲たちだ。
今回のデビューに際し、楽曲を提供した秦、あいみょんはそれぞれ「映画とともに、この『さよならくちびる』という歌も多くの方に楽しんで頂けたら嬉しいです。」(秦)、「この楽曲たちを歌ってくれてありがとうございます。デビュー、万歳。」(あいみょん)とコメント。

ハルレオ「さよならくちびる」ジャケ写

ハルレオ「さよならくちびる」ジャケ写

さらに、ハルレオが歌う主題歌「さよならくちびる」のMVも解禁となり、本日オープン のハルレオ オフィシャルHPにて、配信がスタートした。
MVの監督を務めたのは、米津玄師の代表作「Lemon」のMVや、あいみょんの「マリーゴールド」を手がけた、山田智和。
秦が、ハルレオ2人を想いながら映画の脚本を元に書き下ろした同曲は、別れとその先にある未来への希望を綴ったミディアムバラードだが、MVでは「3人で過ごす最後の時間」をテーマに、そんな同曲の詩世界が見事に描かれた映像作品になっており、レオ、ハル、シマの純粋無垢な美しい姿、儚さ、そして自然体な姿が映し出されている。

MV撮影を終えた小松と門脇、成田の3人はそれぞれ、「久しぶりに3人で会えて嬉しかったです。撮影中はとてもリラックスして、他愛もない話ばかりしていました(笑)」(小松)、「映画の中では過ごせなかった3人の穏やかな時間の流れが、心地良く愛おしく幸せな時間でした。」(門脇)、「映画とは違った空気感もありながら、少しその匂いは残っている、絶妙な距離感のMVになっていると思います。」(成田)と、充実感に満ちた撮影の様子を振り返っているが、映像からも漂う、彼らの温かい絆と一体感が、劇中にも反映されている。

また、山田監督はハルレオのアーティスト写真も自ら撮影。EPのジャケット写真は写真家の川島小鳥が撮り下ろした。



小松菜奈 コメント

映画のタイトルでもある、ハルレオ2人で大切に歌った「さよならくちびる」。
MV撮影では、久しぶりに3人で会えて嬉しかったです。
撮影中はとてもリラックスして、他愛もない話ばかりしていました(笑)
ぜひ映画とあわせて楽しんでもらえたら嬉しいです。

門脇麦 コメント

映画を撮り終えて以来、久しぶりに3人で集まっての撮影でしたが、映画の中では過ごせなかった3人の穏やかな時間の流れが、心地良く愛おしく幸せな時間でした。
撮影中、何度も何度も私達を支えてくれた「さよならくちびる」を、このような形でお届け出来る事が嬉しいです。
映画とMV、それぞれの世界観を楽しんでいただけたらと思います。

成田凌 コメント

映画とは違った空気感もありながら、少しその匂いは残っている、絶妙な距離感のMVになっていると思います。
映画本編の撮影時、カレーを食べるシーンで少し食べ過ぎたので、今回は気をつけよう、とみんなで誓いあったのがいい思い出です(笑)。

秦 基博 コメント

最初に頂いた脚本に書かれていた『さよならくちびる』という言葉。
その言葉を、ハルとレオならどんな風に歌うのだろうかとイメージしながら詞と曲を書きました。
「さよならくちびる」は、小松菜奈さん、門脇麦さんのお二人が演じるハルレオの歌です。
ハルレオの声によってだけ、この世界へと放たれる歌なのだと思います。
CDデビューということで、映画とともに、この「さよならくちびる」という歌も多くの方に楽しんで頂けたら嬉しいです。

あいみょん コメント

「たちまち嵐」「誰にだって訳がある」は、いつまでもハルとレオ2人を繋ぐ楽曲たちだと思っています。
根拠はないけど、2人はきっと大丈夫だし、全部分かってる訳じゃないけど、そういうことだと思いました。
この楽曲たちを歌ってくれてありがとうございます。デビュー、万歳。

関連記事