• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
リリースイベントを行ったラストアイドル

ラストアイドル、リリースイベント欠席の清原梨央から「ガルアワ」出演決定のサプライズ

4月17日(水)に6thシングル「大人サバイバー」をリリースしたラストアイドルが20日(土)、お台場パレットタウン・パレットプラザで発売記念イベントを開催した。


今年1月からレギュラー番組にて“歩く芸術”と呼ばれる団体行動パフォーマンスに挑戦し、3月にB.LEAGUEの試合会場でその成果を披露した彼女たち。イベント開始時刻になると、体調不良のため検査入院中の清原梨央を除く51人が行進して登場し、指揮者を務める間島和奏の号令で整列。“歩く芸術”と連動したフォーメーションダンスが話題の6thシングル表題曲「大人サバイバー」からイベントをスタートさせ、会場のファンをたちまち熱狂の渦へと巻き込んでいった。

最初のMCでは、同シングルがラストアイドル初となるオリコンデイリーランキング1位を獲得したことを報告。長月翠は「夢が叶っちゃってうれしい」と喜びをあらわにしつつ、「でももう二度と2位、3位は取れないなという気持ちになったので、次も絶対頑張ります」と襟を正す。間島は「この調子で私たちはオリコンウィークリーランキングも(1位を)狙っていきたいと思います」と、さらなる飛躍を誓った。

関連:  ラストアイドル・阿部菜々実、アニメ版声優・小澤亜李からのエールに感激 最後の劇中衣装を名残惜しむ

その後、2期生アンダーによる「サブリミナル作戦」、2期生による「愛しか武器がない」、LaLuceの「バンドワゴン」、1期生の「好きで好きでしょうがない」と続き、最後は全員で「眩しすぎる流れ星」と、全6曲を披露。

全てのパフォーマンスを終えたところで、会場のスピーカーを通して清原梨央からのメッセージが流されるサプライズがあった。
清原は「たくさんの温かいメッセージ本当に本当にありがとうございます。入院と聞いて不安でしたが、皆さんからのメッセージを見てものすごい勇気をもらいました」と元気に過ごしていることを伝え、「早く治して皆さんの前でまたパフォーマンスができればと思っているので、もうちょっとだけ待っていてください」とファンにメッセージ。
メンバーも「声が聞けてうれしい」と喜び、イベントを終えようとしたが、サプライズには続きが。「終了したいところですが、私からメンバーと皆さんに発表があります」と清原のメッセージは続き、5月18日(土)に幕張メッセで開催される「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」への52人でのライブ出演と、阿部菜々実のモデル出演が発表された。
初ランウェイが決定した阿部は「急でビックリしているんですけど、ランウェイを歩くことが夢だったのでうれしいです。頑張ります」と意気込み。隣に立った長月は飛び上がって阿部とハイタッチを交わし、「こっちがうれしい」と自分のことのように喜びを爆発させていた。

最後に阿部が代表して「また52人でステージに出させてもらえる機会も一個増えましたので、皆さんぜひ見に来てくださるとうれしいです。今日は皆さんと一緒に『大人サバイバー』の発売を記念して楽しい時間を過ごせて楽しかったです。楽しい時間をありがとうございました」と、イベントを締めくくった。


関連記事