• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」MV

BOYS AND MEN、品川ヒロシ監督によるヤンキー映画さながらのMV公開

名古屋を拠点に活動するBOYS AND MENの新曲「頭の中のフィルム」のミュージックビデオが解禁された。


同曲は、スリーピースバンド・10-FEETのTAKUMAが“卓真”名義でボイメンのために書き下ろした、哀愁感漂うギターリフが印象的な、琴線を振るわせるロックバンドさながらの楽曲。メンバーの小林豊が主演する4月クールドラマ(4月25日スタート)『ミナミの帝王 ZERO』(関西テレビ/木曜・深夜24:25〜24:55)の主題歌に起用されている。

ミュージックビデオの監督を務めたのは、品川庄司の品川ヒロシ。“友情”を熱く歌った同曲の世界観を表現したいという思いから、映画『ドロップ』(09年公開)などを手掛けた品川監督に、ボイメンからオファーして今回のタッグが組まれた。
ミュージックビデオのストーリーは、敵に捕らわれたメンバーを迎えにいくという、まさにヤンキー映画必須の“友情”をテーマにしたもの。喧嘩シーンでは、各メンバーの身体を張ったアクションが見られ、映画さながらメンバーの迫真の演技が見どころ。そしてミュージックビデオの最後には、品川監督ならではの遊び心も詰め込まれている。

BOYS AND MENのニューシングル「頭の中のフィルム」は5月29日(水)発売。4月25日からは各主要配信サイトにて「頭の中のフィルム」の単曲先行配信、そしてiTunes Storeにてバンドル予約注文もスタートする。



品川ヒロシ監督 コメント

今回は、ボイメンのみんなが『ドロップ』が好きでしたと言ってくれていたし、
ボイメンと言えば学ランというイメージだったので、
歌詞を聴いて、そこから『不良映画』のようなMVにしました。
メンバーは、マジで朝から晩まで元気で明るくて、体育会系。
いい意味でバカ(笑)。最高に楽しい撮影になりました。
みんな表情が良くて絵になるし、
アクションはダンスをしているから身体能力が高くて無理難題にもこたえてくれる。
メチャクチャ天気が良くて、最後はいい感じの夕日。天候にも恵まれました。
今回は僕にとっても、思い入れの強い作品になりました。
近い将来。名古屋版の『ドロップ』のような映画をボイメンで撮れたらいいなと思いました。


関連記事