• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」でセンターを務める齋藤飛鳥

乃木坂46・齋藤飛鳥、4度目のセンター曲「Sing Out!」に込めた思いを語る

乃木坂46の齋藤飛鳥が25日(木)、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社で報道陣向けに行われた、自身が4度目のセンターを務める23rdシングル「Sing Out!」(5月29日発売)の楽曲およびミュージックビデオの視聴会に出席した。


乃木坂46にとって今年初のシングルであり、 また令和初のシングルとなる今作は、クラップを取り入れた、これまでの乃木坂46にはなかったタイプの楽曲。大きな愛で包み込むような歌詞を、温かみのあるアコースティックギターの音色が印象的な爽やかなサウンドと、軽快なハンドクラップにのせて歌う。
齋藤がこれまでのシングルで単独センターを務めた2曲「裸足でSUMMER」「ジコチューでいこう!」は、いずれもリリース時期が夏だったこともあり、明るくポップなナンバーだった。今回もそういった楽曲を予想していたという齋藤は、「明るい曲調ではあるけど、楽しさというよりも力強さが伝わってきた。歌詞の世界観も含めて、力強くて明るい、でも聴いていると楽しくなってくるような曲」と、初めて楽曲を聴いた時の印象を語る。
レコーディングでは、「歌詞だけを見ると“happy”とか“smile”とかが入っていて、その印象のほうが強くなってしまうので、気持ちを込めて歌ってたとしても、そういうのが薄っぺらい言葉になったら嫌だなというのはあった」と述懐。「2コーラス目に『もし泣いてる人がどこかにいても 理由なんか聞いたって意味がない』という歌詞があるんですけど、この明るい曲調で、未来に向かう力強い楽曲なのに、そういう歌詞がちゃんとあるっていうのが私は個人的に好きなので、そういうちょっとジメッとした部分もちゃんと隠さずに伝えたほうが、“happy”とかの明るい方とちゃんと差がついて、より明るい部分も伝わるのかなと思いながら歌っていました」と語った。

新曲の衣裳で視聴会に出席した齋藤飛鳥(乃木坂46)

新曲の衣裳で視聴会に出席した齋藤飛鳥

乃木坂46のシングル表題曲のMVはドラマ仕立ての作品が多い中、今作はパフォーマンスを前面に押し出したMVとなっている。“乃木坂カラー”の紫と白のコントラストが鮮やかな衣裳をまとったメンバーたちが、舞踏会さながら、板張りの床の上で楽しげに、しなやかなダンスを舞い踊る。派手な演出はなくとも、楽曲自体が持つ力も相まって、特にサビの全員でのダンスシーンはミュージカルのクライマックスのような高揚感さえ感じさせる映像に仕上がっている。
齋藤は「個人的にこのMVがすごい好き」と、すでにお気に入りのようで、「楽曲がけっこう大衆的というか、幅広く受け入れていただけそうな、共感していただけそうな歌詞だから、そっちに寄せてもよかったはずなのに、MVはストイックな撮り方をしているし、すごく映像として生々しいなと感じた。そこのギャップがすごく好きだったので、ダンスも誤魔化したくなかったし、振りやちょっとした目線の動きや手の角度とかも、妥協せずに撮れたらいいなと思っていました」と、こだわりを明かす。

特に気に入っている場面には、齋藤と白石麻衣、生田絵梨花の3人で踊ってから齋藤と白石が離れ、生田だけになったところへ高山一実が入ってくるシーンを挙げ、「2人とも本当に楽しそうな、それこそ本当に笑顔がこぼれちゃったんだなという表情をしているので、そのシーンは見ているとすごいほっこりするというか、“ああ、いいシーンだな”と思いながら毎回見ています」。
さらに、撮影時のエピソードとして「『1人ぼっちじゃないんだよ』とか『仲間の声が聴こえるか?』っていう歌詞があるんですけど、MVの撮影中はずっと、その2つのフレーズで私と大園(桃子)は泣きそうになりながら、『グッとくるね~』って2人で言いながら撮ってました」と明かし、記者から「泣いてはいない?」と追求されると、「ちょっとだけ……」と、はにかんでいた。

また、「『誰もが口ずさめる楽曲ができるといいね』という話はずっと前からメンバーみんなでしていた」といい、「そういう意味では今回の楽曲はすごく頭に残るし、みんなが口ずさみやすい歌だと思うし、クラップとか真似しやすいだろうし、途中で英語も入ってきたりするので、日本だけと言わずに、欲を言えば世界中で『Sing Out!』のブームが起こったらいいなという願望はちょっとあります」と、近年はアジアへの進出も積極的に行っている乃木坂46だけに、海外ファンの反応も楽しみな様子だった。

楽曲は5月1日(水・祝)25時から生放送の「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で初オンエア予定。MVは5月3日(金)解禁予定となっている。

関連記事