• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE

欅坂46、大阪&東京2会場またいでの3周年ライブ完遂 ユニット曲なし90分間渾身のパフォーマンス

欅坂46のデビュー3周年を記念した「欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」が、5月9日から3日間にわたり日本武道館で開催された。


4月6日のデビュー日を記念して開催される恒例のアニバーサリーライブ。今年は、4月に大阪フェスティバルホール公演、5月に日本武道館公演と、大阪・東京の2会場でそれぞれ3DAYS開催。全6公演で計3万8,100人のファンを魅了した。

今年のアニバーサリーライブは、大阪と東京の2会場で1つのライブが完成するという演出になっており、武道館公演の1曲目は大阪のアンコールでパフォーマンスされた「危なっかしい計画」。その後、メンバーが「ありがとうございました!」とステージを降りた後にオープニングSEの「OVERTURE」が流れるという、斬新な形でスタートした。
「手を繋いで帰ろうか」や「結局、じゃあねしか言えない」「ごめんね クリスマス」なども披露された大阪公演から一変、東京公演は欅坂46が持つ独特の世界観を際立たせる楽曲によって構成された。
「OVERTURE」以降、MCは1度だけ、ユニット曲やソロ曲も挟まず、ハードなナンバーを怒涛のように繰り出す圧巻のパフォーマンスを見せた。

前半は「大人は信じてくれない」「月曜日の朝、スカートを切られた」「エキセントリック」など7曲を畳み掛けるように披露。昨年11月に加入した2期生もステージに立ち、「二人セゾン」では休業中の原田葵のポジションに2期生の森田ひかるが入った。


MCでは、いつものライブのようにキャプテンの菅井友香がメンバーに話を振る。
小池美波は欅坂46にとって初めてとなった武道館ライブについて感想を聞かれ、「欅坂の目標でもあった武道館に初めて立たせていただいて、武道館に立てることって本当にうれしいですし、この3年間皆さんの支えがあってこそこの舞台に立てていると思うので、このステージで皆さんに恩返しできたらいいなって思っています」と念願の舞台への思いを語った。
続いて、3周年についてのコメントを求められた渡邉理佐が「3年間の思い出とかよく聞かれるけど、一番って決められないくらいすごい濃い3年間だった」と話した後、唐突に「友香はどう?」と、菅井に質問返し。菅井は「え?うそ?」と狼狽えながら、「メンバーと出会えたこともそうだし、皆さんと出会えたこともご縁だと思っているので、1つひとつの出会いを大切にしてどんどん繋げていきたいなと思ってます」と話し、いつも質問されるメンバーの立場になって「こんな気持ちだったんだ」と苦笑いを浮かべた。
土生瑞穂は「今まで生きてきた中で一番この3年間が濃かった。メンバーにも会えたし、応援してくださるファンの皆さんにもお会いできたし、すごい幸せ者だなって改めて感じました」と充実感を噛み締め、「あとタピオカ食べたから元気一杯です」と突然タピオカの話題に。土生が「3年間で一番飲んだ飲み物」と話すと、菅井が「そんなタピオカのように噛みごたえのあるグループになりたい」と上手くまとめ、3年間でのMCの上達ぶりも示していた。

2期生の山崎天(※崎は「たつさき」が正式)は「ずっと見てきた欅坂46っていうグループに入れて、この同じステージに、しかもアニバーサリーライブというとってもとっても大切なライブに2期生も一緒に参加させていただくことが本当にうれしい」と感慨深げ。「今回のライブは自分の中でやりたかった感じのカッコいい曲が多いので、皆さんと一緒に最後まで突っ走っていきたいと思います」と初々しく意気込みを述べた。
同じく2期生の森田は「『二人セゾン』のしなやかなダンスが苦手で、すごく練習した。でも鈴本(美愉)さんとかが教えてくれたので、すごくうれしかったです」と、先輩のフォローに感激したことを明かした。


菅井が「この後のパフォーマンスは皆さん是非ペンライトを消してお楽しみいただければと思います」と客席に呼びかけ、メンバーによる影絵のパフォーマンスからライブが再開。
後半、「キミガイナイ」「もう森へ帰ろうか?」「君をもう探さない」「東京タワーはどこから見える?」「Student Dance」と立て続けに披露した後、ダンストラックへ。最初に2期生が登場し、スポットライトを浴びながら1人ずつソロダンスを披露。全員でのダンスの後、1期生が加わり、全員での迫力あるダンスパフォーマンスで会場を魅了した。
そのままの流れで初期のダンスナンバー「語るなら未来を…」に突入。スクリーンに映し出されたライブ映像にはエフェクトがかかり、飛び交うレーザーとライティングの演出が楽曲の持つクールな世界観を強調した。
日が暮れていく東京の風景をバックに「風に吹かれても」でキレのあるダンスを見せ、息をつく間もなく「アンビバレント」へ。大サビでは銀テープが放たれ、渾身のパフォーマンスでラストを飾った。
16曲をパフォーマンスし終えると、菅井が「ユニット曲なしで90分間、全員で走り続けました。これから4年目の欅坂46、みんなで手を取り合って新しい道を切り開いていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」と挨拶してライブを締めくくった。


武道館公演の最終日のみ、アンコールで最新シングルの「黒い羊」がパフォーマンスされた。大量に敷き詰められた赤い花びらの上に横たわる平手友梨奈にズームアップしていく映像が映し出され、同曲のMVで着用している衣装に着替えたメンバーが登場。周囲に拒絶され苦悩する平手の表情に会場はぐっと引き込まれた。ラストは小林由依が平手から手渡された彼岸花を台の上にそっと置き、真っ赤な彼岸花だけがステージ上に残された。
赤い花びらが舞い落ちる映像をバックにエンドロールが流れ出すと、会場はどこからともなく拍手が沸き起こった。エンドロールの最後は「黒い羊」の最初の映像の続きのように、花びらの中にうずくまる平手が映し出され、ズームアップした平手の目から一粒の涙が流れ落ちた。

(撮影:上山陽介)

「欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」セットリスト

M01.危なっかしい計画
-OVERTURE-
M02.避雷針
M03.大人は信じてくれない
M04.月曜日の朝、スカートを切られた
M05.エキセントリック
M06.I’m out
M07.Nobody
M08.二人セゾン
-MC-
M09.キミガイナイ
M10.もう森へ帰ろうか?
M11.君をもう探さない
M12.東京タワーはどこから見える?
M13.Student Dance
-LASER SHOW-
-DANCE TRACK-
M14.語るなら未来を…
M15.風に吹かれても
M16.アンビバレント
<アンコール>(5/11最終日のみ)
EN01.黒い羊
-END ROLL-

関連:  欅坂46・菅井友香、初めてのラジオ公開収録に「緊張しまくり」

関連記事