• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
  • HOME
  • イベント , アイドル
  • 乃木坂46、新曲「Sing Out!」ライブ初披露 「ガルアワ」最多出演アーティスト更新【GirlsAward 2019 S/S】
GirlsAwardで新曲を披露した乃木坂46

乃木坂46、新曲「Sing Out!」ライブ初披露 「ガルアワ」最多出演アーティスト更新【GirlsAward 2019 S/S】

乃木坂46が18日(土)、千葉・幕張メッセで開催された「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」でライブパフォーマンスを披露した。乃木坂46の「GirlsAward」でのアーティスト出演は今回で13回目となり、同イベントの同一アーティストによる最多出演回数を更新した。


会場のスクリーンに「乃木坂46 SPECIAL LIVE」の文字が踊ると会場は大歓声に包まれた。「OVERTURE」が鳴り響き、昨年のレコード大賞受賞曲「シンクロニシティ」、 2017年のレコード大賞受賞曲「インフルエンサー」とヒットシングルを2曲続けてパフォーマンス。
続く「裸足でSummer」のイントロでは、センターを務める齋藤飛鳥が会場を煽るつもりが「みなさ〜ん!楽しんでくでゃ…」と噛んでしまい、苦笑いを浮かべながら「この後も楽しんでいきましょー!」と仕切り直して客席を盛り上げた。約30メートルのランウェイも使ってポップなサマーソングをひと足早く届けた後、MCへ。

キャプテンの桜井玲香が「毎回呼んでいただいてとてもうれしい。今日も楽しんでもらえたらと思ってやって来ました」と最多出演更新を喜び、次の曲の紹介を齋藤に託す。齋藤は5月29日発売のニューシングルでセンターを務めていることから、会場のファンからは期待の歓声が沸き起こり、その期待通り齋藤の口から新曲の披露が伝えられた。
齋藤は「これのせいなんですよ。これをお客さんの前でちゃんと披露するのは初めてなので、ちょっと緊張してさっき噛んでしまって……ごめんなさい」と照れながら弁明。「この後歌わせていただく『Sing Out!』という楽曲は楽しくて前向きで力強い楽曲。メロディーは耳馴染みがよくって、たぶん今日初めて聴く皆さんもなんとなく一節覚えて帰っていっちゃうんじゃないかなと思います。それくらいキャッチーな曲なので楽しんで聴いていただけたらうれしいです」と紹介し、ライブ初披露となった23rdシングル「Sing Out!」で「ガルアワ」13回目のステージを締めくくった。

「GirlsAward」は「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」というスローガンの下、年2回開催されるファッション&音楽イベントで、今回で19回目。総勢147人のモデルがランウェイを彩るほか、乃木坂46、日向坂46、ラストアイドル、FANTASTICS from EXILE TRIBEらアーティストによるライブステージも展開。MCは南海キャンディーズの山里亮太、ゆりやんレトリィバァ、日本テレビの笹崎里菜アナウンサー、そしてガルアワ初参加となる女優の松岡茉優が務めた。


関連記事