• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
初のファン向けイベントを開催した永野芽郁

永野芽郁、初のファンイベントに感慨「幸せでした」

女優の永野芽郁が26日(日)、都内で自身初のファン向けイベント「mei nagano moment special event」を開催した。


イベントは今年3月に発売した1st写真集「moment」発売を記念して開催。写真集の購入者を対象とし、多数の応募の中から当選した約1,000人のファンが招待された。

第1部が男性ファン向けイベント、第2部が女性ファン向けイベントという2部構成で行われ、第1部のイベント終了後に報道陣の取材に応じた永野は、「ファンの方と直接触れ合うっていう機会がなかったので、こうやって自分のことを『好きだよ』って応援してくれている方たちを目の前にして話すのも新鮮で、またこういうイベントを開けるようになったらいいなって思います」と、イベントを楽しんでいる様子。
イベントの最後にはファンのお見送りもしたそうで、「その5秒間くらいに賭けてのみんなの『好きだよ!』とか『何とかって呼んで!』みたいな感じが面白くて、もうちょっとじっくり、1人5分くらい喋りたいなって思いました」と笑顔で振り返った。

写真集は2018年9月にアメリカ・フロリダで撮影。大雨だったのが、いざ撮影が始まると虹が出たりなど、“スーパー晴れ女”を発揮したというエピソードも。お気に入りの写真は横断歩道の手前で走り出すポーズをしているカット。「このふざけてる感じが自分っぽいなと思う。この後も手を挙げて信号を渡ってるんですけど、走るぞってフリだけして真顔で過ごしている感じが自分っぽくて面白いなって思います」とページを開いて紹介した。

写真集のタイトル「moment」にかけて、最近うれしかった“瞬間”を聞かれると、イベントに来てくれた知人の7歳の息子からファンレターをもらったことを明かし、「見たらすっごい丁寧に『応援してます』って書いてくれていて。初めてのファンレターを私にくれたのがすごくうれしい。帰ったら飾ります」と頬を緩める。

本写真集の発売を記念して、永野がプロデュースしたオリジナルグッズも制作された。イベントに来場したファンの中にもグッズのTシャツを着ている人の姿が目立ち、「自分はライブとか行ったときに絶対にアーティストさんのTシャツを着て一緒に盛り上がったりするから、自分が前に立って、私を応援してくれているファンの人が自分の作ったTシャツを着ている感じが感慨深い。幸せでした」としみじみ。

最後に「お仕事や日常生活でなんかちょっと頑張れないなって思った時に、ファンの人のこと考えたり、メッセージ読んだりとかして、背中を押してもらうことがいっぱいあるので、これからも応援してもらえるように頑張りたいなと思います」と語った。


関連記事