「フローズンマジック マンゴー杏仁」篇

「CMでやるのが夢だった」 妖精のような白石麻衣の魔法に、高山一実の「アメイジング!」が炸裂

乃木坂46の生田絵梨花、白石麻衣、高山一実、堀未央奈が出演する「明治 エッセル スーパーカップSweet’s マンゴー杏仁」の新CM「フローズンマジック マンゴー杏仁」篇(15秒/30秒)が、6月10日(月)より全国で放映される。


新CMは妖精のような可愛らしい衣装を身にまとった白石がスイーツに「This is Frozen Magic!!」 と魔法をかけるシーンから始まる。白石が息を吹きかけるデザートのマンゴー杏仁が「エッセル スーパーカップSweet’s」の新商品・マンゴー杏仁へと大変身。 その様子を見ていた生田、高山、堀は思わず驚きの表情を浮かべ、高山は両手を挙げて、持ちネタ(?)の「アメイジング!」の決め台詞を炸裂させる。
30秒篇では白石が「冷たくしてごめん」とカメラを見つめると、再びマジックシーンが繰り返される。

撮影では、ビーズカーテンや電飾がきらめくセットの中、透明感あるドレスに身を包んだ白石がマジックをかける振付を優雅にこなしていった。マジックをかけていたのは、実は部屋の中という設定の中、役になりきり幻想的な雰囲気を漂わせていた白石。ところが、マジックをかけるスイーツを前にすると「おいしそー!」と声をあげ、不意に感情を露わにしてしまう素の姿も見られた。
そんな白石のマジックに驚かされる役を演じた生田、高山、堀の演技はグループメン バーらしく息ぴったり。三者三様のかわいい表情で驚きを表現した。名刺代わりの 「アメイジング!」を決めた高山は、「CMでやるのが夢だった」とご満悦。3人のリアクションを前に、白石は思わず照れ笑いを漏らしてしまうなど、終始和やかな雰囲気で撮影が行われた。

©乃木坂46LLC

関連記事