「二ノ国」に声優出演する新田真剣佑と永野芽郁

新田真剣佑&永野芽郁が山崎賢人の幼なじみ役でアニメーション声優初挑戦

8月23日公開のアニメーション映画『二ノ国』で、俳優の新田真剣佑と永野芽郁が声優を務めることがわかった。


本作は、レベルファイブの日野晃博が製作総指揮/原案・脚本を手掛け、スタジオポノックやスタジオジブリ作品で活躍した百瀬義行監督、ジブリ作品ほか様々な映画音楽を手がけてきた久石譲、という豪華タッグで製作。
主人公・ユウの声を山崎賢人(※崎は「たつさき」が正式)が担当するほか、宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一といった声優ドリームチーム、さらにはムロツヨシ、伊武雅刀ら実力派俳優が脇を固める。

高校でトップクラスの秀才で、車イスで生活しているユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこは命がつながった“もう一人の自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりなアーシャ姫に惹かれていく。しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった――。

新たに出演が発表された新田が演じるのは、ユウの親友で、幼なじみのコトナと付き合っている、ハル。本作で初めてアニメーションの声優に挑戦した新田は「声優という新しいことへのチャレンジで、アニメのアフレコは声だけで伝えなければならない難しさがありましたが、とても楽しかったです」と振り返る。ある事件に巻き込まれたコトナを救うため、ユウと一緒に迷い込んだ二ノ国で、コトナの<命>をかけた究極の選択を突きつけられるハルのキャラクターについては「見習いたいぐらい真っ直ぐな人」と分析する。

永野は、ユウとハルの幼なじみで活発な女子高生・コトナと、異世界である二ノ国の姫アーシャの2役を演じる。
初挑戦のアニメーション声優で、天真爛漫で憎めない性格のコトナと、心優しく真っ直ぐで芯の強いアーシャ姫の2役を演じ分けるというチャレンジを「普段は一つの役を演じているので、二役を演じるのはとても難しく、頭をフル回転させました。」と振り返る。学生など等身大の役柄を演じることが多かったこともあり、自身ではアーシャ姫の方が難しいと感じていたが、製作総指揮の日野からは「姫役の方が、声が合っている」と逆のコメントも。2役を見事に演じ分けた永野は「緊迫感とワクワクが伝わる、女子の私も楽しめる映画」と本作の魅力を語った。

新田真剣佑(ハル役)コメント

声優というお仕事は新しいチャレンジで、アニメのアフレコは、いつもの芝居と違い声だけで伝えなけばならない難しさもありましたがとても楽しかったです。僕が演じるハルという役は、見習いたいぐらい真っすぐな人で、親友のユウと共に現実の世界「一ノ国」と魔法の世界「二ノ国」をある出来事をきっかけに行き来し、コトナを巡る究極の選択に迫られていきます。是非、完成を楽しみにしていてください。

永野芽郁(コトナ/アーシャ姫役)コメント

2役を演じるのはとても難しくて、頭をフル回転させました。自分ひとりで画面と向き合って演じるというのも不思議な感覚で、体力を使ったという気がします。普段は学生を演じることが多いので、私自身はアーシャ姫の方が難しいと思っていたのですが、日野さんから『お姫様の方が、声が合っている』とおっしゃっていただけたことは新しい発見でした。『二ノ国』は緊迫感とワクワク感が伝わる作品で、女子の私も楽しめる映画です。皆さんも楽しみに待っていて下さい。

関連記事