「空の青さを知る人よ」声優キャスト

吉沢亮、アニメ声優初挑戦 吉岡里帆・若山詩音らとせつなくてふしぎな“二度目の初恋”

俳優の吉沢亮が映画『空の青さを知る人よ』で長編アニメーション映画の声優に初挑戦したことがわかった。


本作は連続TVアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』の長井龍雪監督最新作となるオリジナルストーリー長編アニメーション映画。
『あの花』『ここさけ』と同じく、脚本家の岡田麿里とキャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結する他、『あの花』『ここさけ』の企画・プロデュースを行ってきた清水博之に加え、『バケモノの子』『君の名は。』のプロデュースを手がけた川村元気が参加する。

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおいと姉・あかね。13年前に事故で両親を失い、当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきた。そんなある日、町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンに、あかねのかつての恋人であり、高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた金室慎之介の名前があがる。時を同じくして、あおいの前に突然、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介“しんの”が現れる。思わぬ再会をきっかけに、次第に、しんのに恋心を抱いていくあおい。一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。切なくて不思議な四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

吉沢が演じているのは、高校卒業後ミュージシャンとしての成功を夢見て上京するも売れず、地元の友人たちとも音信不通のギタリスト・金室慎之介と、13年前からやって来た18歳の慎之介、通称・しんの。
吉沢は「声優のお仕事に関しては、台本の読み方すらもわからないど素人ですが、監督を信じながら今までのお芝居とは全く異なる視点から役を作っていく時間は、とてもチャレンジングであり、幸せな時間でした」とコメントを寄せている。

さらに、吉沢演じる金室慎之介のかつての恋人である、相生あかね役は吉岡里帆に決定。「あまり声優のお仕事の経験がなかったので、不安が大きく緊張していましたが、長井監督に『空青』の世界観に連れて行っていただきました」とアフレコ収録を振り返った。吉沢演じる慎之介と吉岡演じるあかねの大人の恋の行方にも注目だ。
そして、慎之介と別れてから恋愛から遠ざかっているあかねと二人で暮らす高校生の妹・相生あおい役に若山詩音。慎之介がバックミュージシャンをつとめる大物演歌歌手・新渡戸団吉役で松平健の出演が決定した。松平は、劇中で大物演歌歌手・新渡戸団吉として歌声も披露する。

映画『空の青さを知る人よ』は10月11日(金)公開。

吉沢亮コメント

長井監督の作品は以前から観させて頂いていて、ファンタジーとリアルが絶妙なバランスで混じり合う世界観の中で必死に叫ぶ登場人物たちの姿に、何度も泣かされました。
声優のお仕事に関しては、台本の読み方すらもわからないど素人ですが、監督を信じながら今までのお芝居とは全く異なる視点から役を作っていく時間は、とてもチャレンジングであり、幸せな時間でした。物語はもう、言うまでもなく、めちゃくちゃ面白いです。めちゃくちゃです。
不器用でどうしようもなく愛おしいキャラクター達によるちょっと不思議な恋、姉妹愛。
是非お楽しみに。

吉岡里帆コメント

長井監督の作品が本当に大好きで。いつか長井監督の作る世界の中で私も一緒に過ごしてみたいと思っていました。なので相生あかね役に決まったとわかった時は、すごく嬉しかったです。姉妹愛、初恋、故郷への想い……。初めから終わりまで、登場人物達の青さに胸がきゅうっと締め付けられます。わし掴みです。
アフレコの際には、あまり声優のお仕事の経験がなかったので、不安が大きく緊張していましたが、長井監督に『空青』の世界観に連れて行っていただきました。この作品に出逢えて本当に良かったです。
切なくて不思議な2度目初恋の物語に会いに来て下さい。

若山詩音コメント

相生あおい役に決まりましたとご連絡いただいた時には、本当にびっくりしたと同時にとても嬉しくなりました。アフレコの際には、自分が喋っているときに聞こえる声と画面の向こう側で聞こえている声に違いがあり、難しなと感じると同時に、もっと演技の勉強をしなくてはと感じる現場でした。そんな中で、私の足りない部分は長井監督をはじめ、スタッフの皆様、そして共演させていただくみなさんに導いていただき、あおい役をやりきることが出来ました。

松平健コメント

新渡戸団吉役は、非常にインパクトのある役で面白いなと思いました。本作の中で色々とひっかきまわしたりする役です。内容的にも、大変切ない話で、姉妹愛や現代と過去の融合みたいな、不思議な面白い作品に参加できるというのも大変嬉しかったです。久しぶりのアフレコでしたので、長井監督の思われていた通りに出来たかわかりませんが、私なりに役を作って楽しみました。
劇中での歌唱シーンもありますので、そちらも楽しみにしていただければと思います。

関連記事