• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
「BATTLE OF TOKYO 〜ENTER THE Jr.EXILE〜」DVDJKT-A

LDHの新プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」からGENERATIONS vs FANTASTICS、THE RAMPAGE vs BALLISTIK BOYZのMV公開

LDHの新プロジェクト「BATTLE OF TOKYO 〜ENTER THE Jr.EXILE〜」として、7月3日(水)にリリースされるアルバム「BATTLE OF TOKYO 〜ENTER THE Jr.EXILE〜」の収録曲の中から、GENERATIONSとFANTASTICSがコラボバトルする「Supersonic」、そしてTHE RAMPAGE とBALLISTIK BOYZがコラボバトルする「Dead or Alive」のミュージックビデオが公開された。


「BATTLE OF TOKYO」とは、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZら、Jr.EXILE世代が中心となるLDHの新たなエンタテインメント・プロジェクト。

GENERATIONS vs FANTASTICSの楽曲「Supersonic」は、タイトル通り「疾走感」が全面に溢れ出している楽曲。
ミュージックビデオは、今回のプロジェクトの舞台となる「新TOKYO」の様々なステージにてメンバーがパフォーマンスを連鎖させていくという内容。近未来をイメージした遊び心が満載のエフェクトも加わり、疾走感あふれるMVに仕上がっている。

THE RAMPAGE vs BALLISTIK BOYZの楽曲「Dead or Alive」は、ギターの力強い重低音が常に鳴り響き、重量感のあるサウンドが印象的な曲。心の奥底から湧き出る感情がストレートに歌に込められていて、「Dead or Alive」という攻撃的なタイトルのもと、THE RAMPAGEとBALLISTIK BOYZの雄々しい歌声がマッチした楽曲となっている。
ミュージックビデオの舞台は裁判所。お互いの大切な場所への攻撃が引き金となり、裁判所に両チームが集結。全身から溢れ出る怒りと闘争心がぶつかり合い、一触即発のパフォーマンスバトルが勃発。 ホログラムを使った多彩な演出による臨場感あるシーンも、このMVの見どころの1つとなっている。




関連記事