姉妹役で共演した有村架純と浜辺美波

有村架純&浜辺美波、“JA共済”姉妹がついに初共演実現 お互いの印象は?

有村架純と浜辺美波が出演する、JA共済「働くわたしのささエール」の新TV-CM「イチゴ」篇が6月24日(月)より全国で放映される。


「イチゴ」篇では、前回のTV-CM「はじめての訪問」篇でナレーションのみの出演だった浜辺が有村の妹役で登場し、ついに初共演が実現。休日の喫茶店を舞台に、姉妹が大好物のショートケーキのイチゴを巡るコミカルなやり取りを見せている。

好きなものは真っ先に食べる有村が、浜辺に微笑ましいイタズラを仕掛ける。大好きなイチゴを最後まで取っておく妹に、そのリスクを胸の中で指摘しつつ、虎視眈々と獲物(イチゴ)を狙う有村。そして、そんな食いしん坊(?)の姉に対して、浜辺が取った意外な行動とは果たして……。仲むつまじい美人姉妹のチャーミングな掛け合いが見どころだ。

撮影は6月初旬、横浜市内の老舗喫茶店。前回のCMで、浜辺は声のみの参加ということで、これが初顔合わせとなった2人は、この日の共演を楽しみにしていたらしく、にこやかに挨拶を交わして、仲良くカメラ前にスタンバイ。監督によるコンテ説明、セリフの確認、一連の段取りのリハーサルが終わる頃には、すっかり肩の力も抜けて、好きな食べ物やオフの過ごし方、最近撮った映像作品の話題で打ち解けるなど、とても和やかな雰囲気で本番を迎えた。

監督が今回のCMで最も難しいと位置付けたのは、浜辺が自らのイチゴを有村から守るシーン。後ろを向くと同時に、ノールックでフォークを一突きしなければならず、最初はタイミングやスピード感、位置関係をつかむのに苦労していた様子。それでも、「もっと思い切り」という指示で覚悟を決めると、回を重ねるごとにぐんぐん精度がアップ。すべてが完璧に整ったOKテイクでは、真っ先に手を叩いて称賛した有村に続いて、周囲からも大きな拍手が湧き起こった。

撮影後、お互いの印象について尋ねると、有村は「汚れのない透明感」、浜辺は「私が言うのも何ですが、『みんなのアイドル』という感じでしょうか。」とコメント。
撮影を振り返り、「初めて共演させていただきましたが、仲むつまじい姉妹のやり取りということで、楽しく撮影できたと思います。」(有村)、「ずっとお会いしたいなと思っていたので、すごくうれしかったです。心の中で、『こういうお姉さまがいたら、すごく幸せなんだろうなぁ』と思いながら撮影していました。」(浜辺)と語った。

■CMカット

■メイキングカット

関連記事