「HINABINGO!2」放送決定

日向坂46、MC小籔の続投に歓喜 「HINABINGO!2」放送決定

今年4月から始まった日向坂46のバラエティ番組『HINABINGO!』(日本テレビ系)が好評につき、『HINABINGO!2』の放送が決定した。


日向坂46メンバーが、時にスパルタワークアウトで汗を流し、時にモノボケでバラエティーのポテンシャルを十分に発揮し、メンバーが全力でバラエティー企画に体当たりしてきた『HINABINGO!』。最終回の放送では、「日向坂46が小籔さんとやりたいこと」をテーマに、MCの小籔千豊と一緒にスポッチャで遊んだり、鬼ごっこをしたり、楽器で一緒に演奏したりと全力でバスツアーを楽しんだ。

そんな最終回の収録が終わり、1人1人感想を語る日向坂46のメンバーたち。最後の収録はスタジオを飛び出して初のロケということもあって、みな口々に「楽しかった!」と喜びつつも、「終わると思うと悲しい気持ちになりました」(潮紗理菜)、「朝から寂しかったです」(松田好花)などの言葉でしんみりする場面も。
また、MCの小籔との仕事もこれで最後ということで、「小籔さんの新たな一面を知ることができてうれしかったです」(丹生明里)「私たちのやりたいことを小籔さんと一緒にさせていただいたり、お話も聞かせていただいて、これからもがんばろうと思いました」(高瀬愛奈)など感謝の言葉が続々。皆それぞれの言葉にうなずきながら、番組の終了を惜しんでいた。
最後に代表してキャプテンの佐々木久美から、メンバーが小籔のために書いた寄せ書きをサプライズプレゼント。小籔は「女子高の先生になったような気分でしたね。教育実習も終わりです。ありがとうございました」と挨拶。この言葉に東村芽依は思わず号泣してしまう。

しかしここで小籔が、佐々木久美、齊藤京子、渡邉美穂、富田鈴花の4人がアンケートに同じ「やりたいこと」を書いていたと発表。4人がやりたいと書いていたのは・・・『HINABINGO!2』。「さあ、それでは発表したいと思います」という言葉に全員「え?」ときょとん。「『HINABINGO!2』、決定いたしました!!」と小籔が宣言すると、「キャー!」という歓声とともに、「え!?」とほとんどのメンバーたちがまだ信じられない様子。何度も「どういうことですか?」「知ってたんですか?」「ホンマか!?」と小籔に確認し、「来月から『HINABINGO!2』が始まります!』という小籔の言葉を聞いて、「うそー!」「やったー!」と手を取り合って喜びを分かち合った。さらに、小籔が引き続き司会を務めるという発表に、メンバーたちはそろって喜びの声を上げた。

「『HINABINGO!2』をやりたい」とアンケートに書いた富田は「正直さっき車の中で、『そろそろ私の小籔さんのモノマネおもしろくないよね』って話をしていたので、違うネタ考えてこなきゃなと(笑)。でもすごくうれしいです!」と2に向けての嬉しさと、バラエティーポテンシャルを感じさせる意気込みを述べた。
また、同じくアンケートに2をやりたいと書いた齊藤は「『HINABINGO!2』が始まることと同じくらい、小籔さんとまたお会いできると思うとうれしいです」と2の喜び、司会を小籔が務めることへの嬉しさを語った。
東村は再び号泣。小籔に心境を聞かれても声にならず、隣にいた潮が代わりに「さっき最後だと思って寂しくて涙が出てきちゃったけど、小籔さんと一緒にできるのがすごくうれしいです」と代弁すると、小籔から「映画の宣伝に来たトム・クルーズか!」とツッコまれ、その場が爆笑に包まれた。
サプライズ発表の模様はYouTubeで公開されている。

『全力! 日向坂46バラエティー HINABINGO!2』は、7月16日(火)午前1:29(月曜深夜)より放送開始。



佐々木久美コメント

2とは言わずに『HINABINGO!』を無限にやっていたいという気持ちだったのですごくありがたいですし、また小籔さんと『HINABINGO!2』ができることがすごく楽しみです。続けて7月からもやらせて頂くということで、『HINABINGO!』を超えられるようにみんなで精いっぱいがんばります!

渡邉美穂コメント

最終回を迎えて、次に小籔さんとお会いするのはいつかなとか寂しくなったし、バスの中で小籔さんの感動するお話聞いているときにも、『HINABINGO!』が一旦終わると、しばらくは遠い存在になっちゃうのかなと、ほんとに悲しいなと思っていたので、まさか続けてやらせていただけると思っていなくて。また3か月がんばりたいなと思いました。

関連記事