• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
西野七瀬

西野七瀬、カラコン撮影で「新しい自分を見れた」

元・乃木坂46の西野七瀬がカラーコンタクトレンズブランド「me me mar(メメマール)」のイメージキャラクターに就任。29日(土)、都内で行われた就任記者会見に出席した。


MCの呼び込みでまず登場したのは、3D Phantomによる西野七瀬の3D映像“3D nanase”。3D Phantomとは、LEDが直線上に配置されたブレードが高速回転することで、光の残像によって空中に浮遊しているかのような3D映像を映し出す、新しいデジタルサイネージ。続いて“3D nanase”と同じ衣装とヘアスタイルで壇上に上がった西野本人は、「この3D映像は知ってはいたんですけど、まさか自分が“3D nanase”になれると思っていなかった。面白いなと思います」と、自身の3D映像に興味津々の様子だった。

ビジュアル撮影ではカラーコンタクトレンズの4色それぞれのイメージに合わせてメイクや髪型、衣装などに変化をつけて撮影。「あんまり写ってないかもしれないけど、ネイルも全部変えました」と、こだわりのビジュアルとなっていることを明かした。

「『me me mar』は清楚系カラコンだけど、その中でも遊び心がある」というオレンジブラウンの「TEAR SUNSET」のビジュアル撮影では、新しいヘアスタイルにも挑戦し、「普段は前髪があるのが多いんですけど、このカラコンの時は『ちょっとおでこ出してみる?』って言われて、普段あまりしない前髪なので新鮮で、でもちゃんとそれにカラコンがマッチしてたので、自分でも新しい自分を見れたなと思ってうれしかったです」と笑顔を見せていた。


関連記事