• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
「未確認フェスティバル2019」の応援ガールに就任した日向坂46・渡邉美穂

日向坂46・渡邉美穂「未確認フェス」応援ガール就任に歓喜 同世代のアーティストへエール

日向坂46の渡邉美穂が10代アーティスト限定の夏フェス「マイナビ 未確認フェスティバル2019」の応援ガールに就任。1日(月)、都内で行われた記者発表会に出席した。


今年で5回目の開催となる「未確認フェスティバル」は、10代に人気のラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FMほか)が、インディーズ及び新人アーティストの音楽活動を支援する「Eggプロジェクト」と共催する10代アーティスト限定の音楽フェス。
三次審査までを勝ち抜いたアーティストが、8月25日(日)、東京・新木場STUDIO COASTで開催されるファイナルステージに出演し、そこで最も多くの評価・投票を集めたアーティストが優勝賞金100万円を手にする。

高校1年生の頃から『SCHOOL OF LOCK!』のリスナーだという渡邉。「もともとバンドが大好きで、フェスとかしょっちゅう行ってたんですけど、そのきっかけで聴くようになった」といい、「私にとっては青春。夜、勉強しながらずっと聴いていた。テスト前で辛い時も聴くと元気が出るような存在」と番組への思い入れを語った。
そんな番組から生まれた「未確認フェスティバル」の応援ガール就任が決まった時は、「夢みたいで、ビックリしすぎて大泣きしちゃった。うれしすぎて信じられませんでした」と歓喜したという。その時の様子を撮影した動画が存在することを明かすと、番組パーソナリティのとーやま校長が「8月25日のイベントの時に、その動画がスクリーンで……」と悪ノリし、「やめてください!」と悲鳴をあげていた。

10代アーティストに向けたメッセージを黒板に書く場面では、実際に番組で使用されているお馴染みの黒板を前に「え〜!うれしい!」と大感激。
チョークで「この“瞬間”を全力で!!」と書き、「10代っていうのは本当にあっという間に過ぎ去ってしまうものなので、若い皆さんには今を一生懸命に生きてほしいですし、後で振り返って“あの瞬間もこの瞬間も自分は全力で生きていたな”と胸を張っていけるように頑張ってほしい」と同世代のアーティストたちにエール。
自分自身も応援ガールとして「同世代の10代の方々が一生懸命練習してきた成果を披露されると思うので、それを後押しできるように、少しでも皆さんの力になれれば」と力を込めた。

同フェスの応援ガールは過去に橋本奈々未、永野芽郁、平手友梨奈、高橋ひかるが就任。
会見では「未確認フェスティバル」とタワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE」のコラボレーションポスターもお披露目された。


関連記事