乃木坂46

乃木坂46・秋元真夏「昔は心に刺さらなかった」 キャプテン桜井玲香の成長実感

乃木坂46のドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』が5日(金)に封切られ、秋元真夏、齋藤飛鳥、桜井玲香、堀未央奈、与田祐希、岩下力監督が都内の劇場で舞台挨拶を行った。


作中、メンバーの匂いを嗅いでいるシーンについて聞かれた秋元は、メンバーの匂いを嗅ぎ分けるのが得意だといい、「ずっと一緒にいるのでメンバーの匂いってわかるんですよ。椅子に座っていてメンバーが横を通ると目を瞑っていても誰かわかる」と宣言。「この中だと玲香と飛鳥はわかりやすい。玲香はゴージャスなんです。飛鳥は洗いたてのバスタオル」と2人の香りを表現して会場を笑わせた。

さらに秋元は、本作が4年ぶりのドキュメンタリー映画ということで、キャプテン・桜井の4年前との変化について、「私がいつも思っているのは、ライブ前の円陣やライブの最後のMCをまとめてくれたりとか、そういう大事な局面で玲香が言葉を残してくれるんですけど、正直、昔は心に刺さらなかったんですよ」と、ぶっちゃける。「でも今はド直球でズーンってくるくらい本当にいい言葉を残してくれて、しかも玲香の言葉すごくきれいだし、メンバーのことを思ってくれている愛がすごく伝わるので、そこはすごく変わったところかなと思います」とコメント。
「最初の言葉がちょっとダメージ強すぎて、今日は落ち込んで帰りそう」と肩を落とす桜井に、齋藤が「玲香ちゃんは変わったところもあるけど、変わらずにいつも最高。いつも素晴らしい顔面しているし、声もいいし、歌もダンスも演技も全部できる。こんな人なかなかいないですよ」とフォロー。「それに加えてゴージャスな香りもするんですよ」と笑いを誘った。

舞台挨拶は映画の上映前に行われたため、印象的なシーンを挙げる場面では、3期生の与田が「飛鳥さんと大園桃子ちゃんが結構密着してるというか、スキンシップがたくさんあるんですけど、中でも桃ちゃんが飛鳥さんの“アレ”を食べているシーンがあって」と、鑑賞前の観客へのネタバレ防止を意識するあまり、微妙な言い回しに。これにはメンバーも爆笑し、齋藤本人も「なんかやだな、それ」と苦笑い。与田は「髪の毛を食べているシーンがあって」と言い直し、「ちょっとなんかいいなと思いました。ちょっとヤキモチを灼きました」と、2人の仲睦まじい一コマを羨んでいた。

本作は2015年に公開された『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』に続くドキュメンタリー映画第2弾。前作から4年、着実に実力と人気を蓄積し、いまや日本屈指のアイドルグループへと成長した乃木坂46の今を映し出している。

最後に桜井が「1作目のドキュメンタリーが公開されてだいぶ経っての2作目ということで、空白の間でのグループの成長というのがものすごく大きくて、いろんなストーリーがあったんだなというのを私たちも観て実感しました。ただきれいな輝かしい部分だけじゃなくて、メンバー個人の葛藤だったりとか、そういう普段見せられないような部分もたくさん、すごくわかりやすくきれいに描いてくださっている、素晴らしい作品になっているので、皆さん是非、細部までしっかり瞬きせずに観て頂けたらうれしいです」と本作をアピールして舞台挨拶を締めくくった。


関連記事