• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
「OTAQUEST」でパフォーマンスするCrazyBoyとHIROOMI TOSAKA

HIROOMI TOSAKA、きゃりーぱみゅぱみゅ、m-floら、米ロサンゼルスでJ-POPファンを魅了

m-floの☆Taku Takahashiがプロデューサーを務め、日本のアニメやマンガ、ゲーム、音楽など、日本のポップカルチャーを海外に発信する総合メディア「OTAQUEST」が現地時間3日、米・ロサンゼルスのThe Novo by Microsoftで音楽イベント「OTAQUEST LIVE」を開催した。


7月4日から7日(現地時間)まで行われる北米最大のアニメコンベンション「Anime Expo」の前夜に行われた「OTAQUEST LIVE」は、昨年に続いて2度目となるアメリカでの開催。昨年は「Anime Expo」内のイベントとして実施したが、今回はアメリカで初の単独開催となった。公演には、CrazyBoy、HIROOMI TOSAKA、きゃりーぱみゅぱみゅ、CAPSULE、m-floの総勢5組が出演し、会場に集まった1,800人のジャパンカルチャーファンにパフォーマンスを届けた。

トップバッターを務めたのは、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのELLYによるソロプロジェクト・CrazyBoy。ライブ初披露となる新曲「PINK DIAMOND」でイベントの口火を切り、アグレッシブなラップやダンスと共に「I love you, LA! Put your hands up!!」と煽り、オーディエンスを一気に引き込んだ。

2番手には初の海外ステージとなったHIROOMI TOSAKAが登場。海外でも人気の劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』の主題歌「BLUE SAPPHIRE」のほか、「SUPERMOON」など4曲を披露。ダンサーを率いて、EDMチューン中心で盛り上がりを煽り、観客も飛び跳ねて応えた。ステージラストの「LUXE」では楽曲フューチャリングゲストのCrazyBoyもステージに戻り共演。L.A.でのプレミアムなコラボに米国ファンも熱狂した。

抜群の海外知名度を誇るきゃりーぱみゅぱみゅは、「にんじゃりばんばん」「ファッションモンスター」「PONPONPON」といった鉄板ナンバーから最新曲「きみがいいねくれたら」など6曲を披露し、会場をひとつに。彼女が「Hello, everyboby! I’m Kyary Pamyu Pamyu! Do you know me!?」と問いかければ、フロアは「Yeah!」と返答してノリノリで“KPP”コール。きゃりーの愛らしいキャラクターが場内をハッピーなムードに包みこんだ。

続いて登場したのは、アメリカで初ライブパフォーマンスとなったCAPSULE。登場前から待ち切れないと言わんばかりの黄色い歓声が飛び交い、待望の初上陸に対するオーディエンスの期待度の高さが伺えた。
DJの中田ヤスタカはすべての曲間をシームレスにつなげて、盛り上がりの途切れない空間を演出。「MORE! MORE! MORE!」「WORLD OF FANTASY」「FLASH BACK」など新旧の代表曲を披露した。
ひときわフロアが熱くなったのは3曲目の「Hero」。宇宙空間を思わせるスペーシーなVJをバックに、鋭いビートとシンセサイザーからなる感性を刺激するエレクトロトラックと、オートチューンを多用した、こしじまとしこのキュートなボーカル。CAPSULEの真骨頂とも言えるスタイルでオーディエンスを盛り上げた。

「OTAQUEST LIVE」のトリを飾ったのは、昨年と同じくm-flo。白いつなぎにサングラスというコスチュームでそろえた☆Taku Takahashi、VERBAL、LISAの3人は、冒頭の「come again」から大歓声で迎えられ、盛大なコール&レスポンスで場内を席巻。中盤にはデモ段階の未発表トラックを2曲もパフォーマンス。どちらもm-floの実験精神が発揮されたエッジーな楽曲だ。
ほかにも「EKTO」「STRSTRK」「No Question ~TOKYO RAINBOW PRIDE REMIX~」といった新曲群も、3人の阿吽の呼吸で魅せた。デビュー20年のキャリアを詰め込み、ユニットのさまざまな側面を見せた約30分のアクトで、L.A.の会場をホームに変えてみせた。

アメリカの熱狂を肌で感じた登坂は「改めてJ-POPって凄いなと感じました。参加させていただいて、無限の可能性がつまっているイベントだと感じました」と話すと、ELLYも「お客さんのエネルギーが凄かった。こういうエネルギーを、日本でもみなさんに感じてもらいたいと思いましたし、機会があったらL.A.でのライブも見てもらいたいと思いました」と振り返った。

音楽だけでなく、ファッション分野での活動も世界に通ずるVERBALも「日本の音楽をこよなく愛して、めちゃくちゃ盛り上がってくれる。改めて、世界中のみなさんとつながれるポイントなのかなと思っています。日本だったらやれないようなことを、あえて海外で挑戦して、新しいスタンダードを作って行きたい」と次なる展開を見据えると、中田も「自分の曲をこんなに知ってくれている人が海外にいることを、すごく実感できた。次は全員でステージに立つ曲も作りたいですね」と応えた。

「OTAQUEST LIVE」

2019.7.3(水)
@The Novo by Microsoft(アメリカ・ロサンゼルス)
出演:CrazyBoy、HIROOMI TOSAKA、きゃりーぱみゅぱみゅ、CAPSULE、m-flo

【セットリスト】

■CrazyBoy
1. PINK DIAMOND/2. Double Play/3. BO$$/4. LOCO

■HIROOMI TOSAKA
5. SUPERMOON/6. CHAIN BREAKER/7. BLUE SAPPHIRE/8. LUXE

■きゃりーぱみゅぱみゅ
9. にんじゃりばんばん/10. ファッションモンスター/11. CANDY CANDY/
12. きみがいいねくれたら/13. 原宿いやほい/14. PONPONPON

関連:  内田理央&きゃりーぱみゅぱみゅが初コラボグラビア

■CAPSULE
15. MORE! MORE! MORE!/16. JUMPER/17. Hero/18. WORLD OF FANTASY/
19. Starry Sky/20. FLASH BACK

■m-flo
21. come again/22. How You Like Me Now?/23. been so long/24. MARS DRIVE/
25. STRSTRK/26. gET oN!/27. funkdafied (仮) ※未発表曲/
28. Sweet But Deadly (仮) ※未発表曲/29. EKTO/
30. No Question 〜TOKYO RAINBOW PRIDE REMIX〜

関連記事