• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
「欅共和国2019」(撮影:上山陽介)

欅坂46、復帰の原田葵&2期生加わり「欅共和国」3DAYSで今年も“びしょ濡れ”に

欅坂46が7日(日)、富士急ハイランド・コニファーフォレストにて3日間開催し各日1万6000人、計4万8000人を動員した野外ライブ「欅共和国2019」の最終日を迎えた。


欅坂46の夏の恒例野外ライブとなっている「欅共和国」。今年の「欅共和国」のイメージは「船」。オープニングではブラスバンドの演奏にのせて、メンバーが箒やデッキブラシを手にステージに登場し、甲板の掃除をして出航の準備を整えるという演出でライブの幕が開けた。
序盤は1曲目に繰り出された「世界には愛しかない」に続いて、「青空が違う」「太陽は見上げる人を選ばない」といった夏の野外ライブにうってつけの楽曲を中心に構成され、会場のボルテージを一気に引き上げていった。

昨年はバブルマシンや日本最大級の放水マシン「ウォーターショット」などが導入され、メンバーもファンもずぶ濡れになりながら大盛り上がりとなった「欅共和国」。今年、演出に使用された水の量は昨年の5倍にスケールアップ。あいにく小雨が降る中での開催となったが、ライブ中に渡邉理佐が「今日もきっと濡れてる方もいると思うんですけど、これからさらに私たちが皆さんのことを濡らしにいきます!」と不敵な笑みを浮かべながら宣言した通り、今年もホースや水鉄砲、水風船などを手にしたメンバーが会場の隅々まで観客をびしょ濡れにさせた。

また、2018年5月から学業のため欅坂46の活動を休止していた原田葵が同ライブより復帰。原田は「久しぶりに(ステージに)立つのに、こんなにたくさんの人の前ですごい緊張しているんですけど、精一杯頑張るので一緒に盛り上がってください!」とファンに挨拶。姉妹のような仲の良さで知られる渡邉理佐は「葵が活動再開ということで、これからもほどほどにイジっていきたいと思います」とファンを湧かせた。

2期生にとっては初の「欅共和国」。松田里奈は「初めての野外ライブでたくさんの不安があった」と吐露しつつも、「明るい状態からだんだん夜になっていくのが楽しみ。サイリウムの色がすごくきれいになっていくんだろうな」と声を弾ませた。ライブの経験も浅い2期生たちだが、全員でのパフォーマンス曲以外にも、楽曲によっては卒業したメンバーのポジションを務め、1期生のパフォーマンスに食らいついていこうとする気概を見せていた。

さらに、この日は土生瑞穂の誕生日。MCパートでは「Happy Birthday to You」の大合唱とともにバースデーケーキが運び込まれた。22歳になった土生は「最終日が誕生日だって聞いてすごく幸せ者だなと思いました。今日が楽しみでした」と笑顔。「みんなが幸せでいてくれたらそれで十分なので、もっと皆さんに幸せになってもらえるように今後もみんなと一緒に欅坂をもっともっと広めて頑張っていきたい」と抱負を述べた。

後半は「Student Dance」「避雷針」「I’m out」「語るなら未来を…」といった欅坂46の持つ世界観を前面に押し出した楽曲のパフォーマンスで畳み掛ける。ラストは船長を思わせる帽子をかぶった平手をセンターに、デビュー曲「サイレントマジョリティー」を披露。夜空に花火が打ち上がり、感動に包まれながら終演を迎えた。

■7/7(日)のライブの模様

■7/6(土)のライブの模様

(撮影:上山陽介)

「欅共和国2019」セットリスト

M0.Overture
M1.世界には愛しかない
M2.手を繋いで帰ろうか
M3.青空が違う
M4.太陽は見上げる人を選ばない
M5.アンビバレント
MC
M6.バレエと少年
M7.制服と太陽
M8.バスルームトラベル
M9.結局、じゃあねしか言えない
M10.Nobody
M11.危なっかしい計画
M12.僕たちの戦争
M13.Student Dance
M14.避雷針
M15.AM1:27
M16.I’m out
M17.キミガイナイ
M18.語るなら未来を…
M19.風に吹かれても
M20.サイレントマジョリティー

関連記事