「W県警の悲劇」記者会見

優希美青、恋愛の壁は“魚の骨”? 独特発言で先輩女優たちを笑わせる

女優の優希美青が9日(火)、都内で行われたBSテレ東の新連続ドラマ『W県警の悲劇』の記者会見に出席。個性的な発言で共演陣を笑わせた。


BSテレ東にて7月27日よりスタートする本ドラマは、事件解決のミステリーであり、主人公・松永菜穂子が毎回強力な女性警察官と対峙する“女同士のバトル”が見どころの、謎解きエンターテイメント。BSテレ東とホリプログループが強力タッグを組み、主演の芦名星に加え、ホリプロ所属の女優たちが各話のゲストとして物語を彩る。

優希美青

会見に出席した優希美青

芦名星、佐藤仁美、佐津川愛美、谷村美月、戸田菜穂、鈴木砂羽、床嶋佳子、伊藤かずえといった錚々たる先輩女優に混じって会見に出席した優希は、自身が出演する第4話で“立場の違いが恋愛の壁になる”エピソードが描かれることから「あなたにとって恋愛の高い壁とは?」という質問を受け、「魚の骨を取ってくれる人」と回答。「デートとかで一緒にご飯に行った時に、『魚貸して』って言って、骨をきれいに取ってくれてスマートに返してほしい」と独特の視点を披露した。
会見のMCを務めたX-GUNの西尾季隆から「『だったら魚頼まんかったらええやんか』って言われたら?」との問いに、「ちょっと、う~んってなりますね……」と浮かない表情。「魚は好きなんですか?」と聞かれると、「好きじゃないです」と断言し、周囲を笑わせた。
カニの身なども取ってほしいそうで、「不器用なので甘やかしてほしいです。全部やってほしい」と乙女心を吐露。「なかなか言ってくれないよ、初デートで『魚貸して』って。うまいこと自分から少しはアピールしないと」という西尾の現実的な意見にも、優希は「何も言わず察してくれて、『魚貸して』って言ってほしい」と譲らず、先輩女優たちを爆笑させていた。

土曜ドラマ9『W県警の悲劇』は、BSテレ東およびBSテレ東4Kにて、7月27日から毎週土曜夜9時放送。会見には主題歌「鑑」を歌うシンガーソングライターの安藤裕子も出席した。


関連記事