• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
Short Film『クローバー』トーク&上映会

菅田将暉、自身初監督ショートフィルム「クローバー」特別上映会で主題歌サプライズ歌唱

菅田将暉が初監督を務めたShort Film『クローバー』のトーク&上映会が10日(水)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、監督の菅田、主題歌を提供した石崎ひゅーい、監督補佐を務めた山田健人が登壇した。


本作は、2nd Album『LOVE』に収録される楽曲「クローバー」(作詞・作曲:石崎ひゅーい)を主題歌とし、主演には仲野太賀を起用したショートフィルムで、アルバムの初回生産限定盤DVDに収録されている。
菅田が楽曲のメッセージを汲み取り、企画・プロデュースから自身で行い、構想から約半年をかけて製作された全47分に及ぶオリジナルストーリーである。

まずはShort Film『クローバー』の上映会からスタート。本編が終わると、なんと菅田、石崎、山田の三人が観客と一緒に鑑賞しているというサプライズ。会場は大きな歓声に包まれた。
トークショーでは、菅田はショートフィルムについて「日常を写している。残したいと思って作った」とコメント。そんな監督・菅田将暉について、石崎・山田ともに絶賛。石崎は「なんでもない日常を宝物にする天才」、山田は「とにかく判断が早いんな証言した。
また、主演の仲野太賀について菅田は「彼からセリフを奪い、動きを奪うとこうなるんだなと」と監督目線での面白さを語った。

トークショーのラストには、菅田と石崎が主題歌「クローバー」をサプライズで歌唱。
菅田ののびやかで真っ直ぐな声に、石崎ひゅーいの澄んだ歌声のコーラスが重なり、ここだけの貴重なアコースティックセッションで観客を魅了した。
最前列で鑑賞した山田健人も「感無量です」とコメント。訪れた約300人を魅了し、盛況のうちに幕を閉じた。

(写真:上飯坂一)

関連記事