• 書籍
  • 雑誌、写真集、エッセイなど書籍関連の話題
  • HOME
  • 書籍 , アイドル
  • 欅坂46・原田葵、活動復帰後初のグラビア「久しぶりにカメラの前に立って緊張しちゃいました」
「blt graph. vol.46」(東京ニュース通信社刊)

欅坂46・原田葵、活動復帰後初のグラビア「久しぶりにカメラの前に立って緊張しちゃいました」

先日、約1年間の活動休止を経て、野外ライブ「欅共和国2019」で活動を再開した欅坂46の原田葵が、8月10日に発売される「blt graph.vol.46」の巻末グラビアに登場。復帰後初のグラビアを披露する。


原田は、「B.L.T.」の増刊MOOK「graduation中学卒業」(2016年3月1日発売)において、自身初のソログラビアに挑戦した経緯もあり、「人生で初めてソログラビアを撮っていただいたのがB.L.T.編集部さんで、またこうやって欅坂46に戻ってきて初めてのグラビアを撮っていただけて、とてもうれしいです」とコメント。今回は、リスタートの意味も込め、ナチュラルな白いワンピースを着て、桟橋が長く続く、ロケーション映えのする海で撮影。「久しぶりにカメラの前に立ったときは緊張しちゃいましたが、すぐに楽しくなりました」と語った通り、撮影開始直後は少しぎこちなかったものの、すぐに勘を取り戻し、以前よりちょっとだけ大人に、そして美しくなった姿を見せてくれた。

インタビューは10000字での掲載を予定。活動休止から、再開となった「欅共和国2019」までの自身の状況、そして、今現在の心境などを明かす。

また、原田が登場する「blt graph.vol.46」の表紙・巻頭は、同じく活動を再開したばかりの乃木坂46・山下美月が務め、巻頭と巻末でメモリアルな”W復帰グラビア”となる。


関連記事