「東京喰種 トーキョーグール【S】」初日舞台挨拶

窪田正孝の肩をかじった山本舞香が暴露「カネキの味はイチゴ味」 新田真剣佑の出演も明らかに

2017年に公開された実写映画『東京喰種 トーキョーグール』の続編となる『東京喰種 トーキョーグール【S】』が19日に封切られ、窪田正孝、松田翔太、山本舞香、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、桜田ひより、村井國夫、川崎拓也監督、平牧和彦監督が都内の劇場で初日舞台挨拶を行った。


全世界累計発行部数4400万部を誇る人気漫画が原作の本作は、不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまった金木研(カネキ ケン)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描くバトルアクションエンターテイメント作品。

タイトルにつけられた【S】にちなみ、今だから言える【S】ecretを発表することになり、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習役の松田が「目ん玉の味はヨーグルトの味です」と撮影の裏側を暴露すると。山本が「カネキの味はイチゴ味です」と続く。松田が「血のりはシロップが入ってますからね」と説明し、山本は「美味しかったです。肩かじらせていただいて」と会場を笑わせた。
 
大の原作ファンで、前作に引き続き、カネキの親友・ヒデを演じた小笠原は「ただの喰種ファンすぎて、自分が全く関係ないのにラストのシーン(の撮影)に遊びに行きました」と告白。山本から「電車で来てましたよね?ビックリした」と言われると、「静岡まで朝イチの新幹線で」と作品への深い愛をにじませ、窪田は「第一声、『何しに来たの?』って言っちゃた」と驚いた様子だった。

舞台挨拶ではさらに、これまでヴェールに包まれてきた【S】ecret なキャスト情報として、平牧監督の口から、喰種レストランの会員でピエロのマスクを着用した宗太役を新田真剣佑が演じていることが発表された。窪田は「パンフレットの登場人物のところの字をスミでボカしてるじゃないですか?あの字体から結構マッケンって当てた人が多かったんですよ」といい、会場の観客の中で事前に気づいた人に挙手を求めると、手を挙げる人の姿を確認し、「やっぱり。もうちょっと隠すクオリティを上げましょう」と訴えた。

また、キャストへの【S】urpriseとして、本作の主題歌を務める女王蜂のボーカル・アヴちゃんも登場し、花束を窪田、松田、山本の3人に手渡した。


関連記事