• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
ナナニジフェス2019

22/7、アニメ放送時期決定にファン歓喜 毎年恒例“22/7の日”に浴衣でゲーム&新曲初披露

Sony MusicとANIPLEXがタッグを組み、秋元康が総合プロデュースするデジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)がグループ名にちなんだ7月22日(月)、東京・渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて「ナナニジフェス2019」を開催した。


毎年7月22日を“22/7の日”としてイベントを開催してきた22/7。この日のイベントの前半はバラエティ企画のコーナー。月イチ配信中のSHOWROOM番組「ナナニジROOM」でもお馴染みの天津・向清太朗が進行を担当した。
夏らしく浴衣姿で登場したメンバー11人は、それぞれ自分で選んだという浴衣のこだわりのポイントを交えて自己紹介。武田愛奈は「夏のいえば向日葵」と向日葵柄の浴衣。鳥好きの涼花萌は鳥の絵が描かれた浴衣に頭の上にも鳥の飾りを乗せて個性を主張。高辻麗は赤と黒を基調とした浴衣に袖を通し、下駄の代わりにブーツ、頭にはハットという斬新なスタイルを披露した。

まず、はじめに11人が2択のゲームを行い、2チームに分かれることに。「カッコいいのはカブトムシorクワガタ?」という問いに、天城サリーと西條和が「カブトムシとクワガタの違いがわからない」と、思わぬところでつまずきながらも、なんとか5人と6人にチーム分けが完了。チーム対抗で5つの対決に挑んだ。
「輪投げ」では西條と花川芽衣がMCの向井を柱に見立ててフラフープを投げ入れた。先攻の西條が見事、向井の体に輪をかけたのに対し、後攻の花川が投げたフラフープは向井の顔面に直撃。失敗となったものの、期待通りの展開に観客は大盛り上がり。他にも「スイカ割り」「風船早割り」といった対決が行われた。

メンバーが一度降壇した後、会場のスクリーンには昨年9月に担当キャラクターが決定した涼花、武田、高辻の3人のこれまでの道程や、新キャラクター決定についてメンバーが喜びを語る映像が流された。そして11人全員での初の表題曲となる4thシングル「何もしてあげられない」をライブ初披露。パフォーマンス後には、会場のファンからメンバーへ「おめでとう!」と11人を祝福する声が飛んだ。
振付について海乃るりは「最初に和が一人でいて、私たち10人が出てきて、そこから位置について顏を見せるところがあるんですけど、そこが『ああ、11人揃ったんだな』って練習とかの度に毎回ニヤニヤしちゃうくらい好きなので、今後披露する機会があったらそこを見てほしい」とアピール。
初めて表題曲に参加する高辻は「こうやって初披露して皆さんの顏を見たら、なんかこみ上げてくるのものがありますね」と万感の思い。「集団と孤立っていう1つのテーマがこの曲にはありまして、表題曲で1つのテーマに対してこうやって11人で表現させていただけるっていうことが初めてのことで、本当にうれしい」と喜びを語る。1番のBメロは涼花、武田、高辻の3人のパートになっており、「そういうところがあってすごくうれしいです」と頬を緩めた。
ライブパートでは他に「やさしい記憶」「不確かな青春」「韋駄天娘」「未来があるから」がパフォーマンスされた。

アンコールに突入すると、メンバーが登場する前に場内のスクリーンに映像が映し出された。映像では22/7のデビュー曲「僕は存在していなかった」のサビの一節が流れた後、22/7のTVアニメのキービジュアルが映し出され、TVアニメの放送が2020年1月よりスタートすることがサプライズ発表された。
会場が割れんばかりの大歓声に包まれる中、メンバーが再びステージへ。リーダーの帆風千春が「先程、映像を見ていただいたんですけれど、私たち22/7のTVアニメが2020年の1月より放送されることが決定しました!」と声を震わせながら、改めてファンに報告。ステージ上には目を赤くするメンバーの姿も見られた。
ちょうど2年前の2017年7月22日に開催された初のライブイベントで発表されていた22/7のアニメ化。天城は「アニメ化されるって言われてから、今日で2年が経ちました。この2年間、メンバーの私たちもアニメ化を待ち望んでいたんですけど、たぶんそれ以上にファンの方々がずっと変わらず応援してくれたおかげで決定しました。本当にありがとうございます」と、待っていてくれたファンに感謝を伝え、「アニメ化は私たちが結成した時からの目標で、今回達成することができてうれしいんですけども、決して私たちにとってゴールだとは思っていなくて、ナナニジにとって2020年1月のアニメがさらなるスタートになることを願っております」と力を込めた。

この日はさらに、デビュー記念日である9月20日(金)にマイナビBLITZ赤坂で「22/7 Anniversary Live 2019」を開催することなども発表され、ファンを大いに沸かせた。
最後に、前作に引き続き今回のシングルでもセンターに立つ西條が「アニメの放送時期も決まって皆さんにはうれしいお知らせができたかなと思うんですけど、私個人的にはそういううれしいこととかを『うれしい!』『楽しい!』『やったー!』と捉えられない人間なので……なんか『怖いな』と思っちゃうことが多くて、今は不安が大きいんですけど、こうやってうれしいお知らせをさせてもらえてるのは、応援してくださっている方やスタッフさんとか本当にたくさんの方のおかげなので、しっかり1月に向けて、逃げずに頑張ろうと思います」と、胸の内とアニメ化に向けての決意を述べた後、全員で「11人が集まった理由」を歌い上げ、笑顔でイベントを締めくくった。

(写真:中原幸・青木早霞)

2019.7.22(月) 22/7「ナナニジフェス2019」セットリスト

M1. 何もしてあげられない
-MC-
M2. やさしい記憶
M3. 不確かな青春
-MC-
M4. 韋駄天娘
M5. 未来があるから
<アンコール>
En1. 11人が集まった理由

関連記事