映画『ザ・ファブル』

岡田准一主演「ザ・ファブル」がファンタジア国際映画祭Best Action Film受賞&原作ファンの北村匠海が絶賛のコメント

岡田准一主演で同名漫画を実写化した映画『ザ・ファブル』がカナダ・モントリオールで行われた第23回ファンタジア国際映画祭のAction!部門において、Best Action Filmを受賞した。


『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)で世界的に大ブレイクした、マ・ドンソク主演の「The Gangster, the Cop, the Devil」や、ブルース・リーの唯一の師にして人々の尊敬を集めた実在の武術家イップ・マンの半生を描き世界中で大ヒットを記録した『イップ・マン』シリーズ最新作『イップ・マン外伝 マスターZ』など、8作品のアクション作品の中から受賞。受賞理由について「岡田准一を筆頭にキャスト陣は、過去の日本の暗殺映画とは違う、全く新しく素晴らしい作品を作り上げた。ファブルは、パワフルなアクションと日本らしいユーモアが完璧に融合された作品だ」と審査員コメントが出され、審査員満場一致での受賞となった。

さらに、ダンスロックバンド・DISH//のリーダーであり、『君の膵臓をたべたい』でブレイクした注目の若手俳優・北村匠海からのコメントも到着。原作ファンでもある北村は「冒頭の銃撃シーンで完全に心を掴まれました!」と大興奮の様子で「想像を遙かに超えるアクションと迫力、なんだか悔しかったです」と、本作のアクションシーンも大絶賛。「原作ファンの方もこの映画で初めて作品に触れる方も、なんだか素朴でそれでいて過激でポップでディープな”ザ・ファブル”の世界を楽しめると思います」とコメントを寄せた。

映画『ザ・ファブル』は現在公開中。動員120万人、興行収入16億円を突破し、公開4週目でも週末映画ランキングトップ10内をキープしている。

関連記事