「ギガ国物語」新TVCM「旅立ち」篇

岡田准一が猫耳姿で「ニャンだって!?」 土屋太鳳と白石麻衣に北村匠海が怒られる……「ギガ国」新CM完成

岡田准一、土屋太鳳、白石麻衣、北村匠海が出演するソフトバンクのTV-CMシリーズ「ギガ国物語」の新CM「旅立ち」篇が2019年7月26日(金)より全国で放映される。


「ギガ国」からギガの制限を無くすという使命を果たし、次の目的地を目指し荒野を歩く旅人4人。ギガが使い放題になり、皆で何の動画を見るかについて意気揚々と話し始める。「やっぱ、猫動画だな」と答えるタクミに、「ああ、そうだニャ!」とドヤ顔で返すオカダ。辺りには冷たい空気が…。タオとシライシが仕切り直すも、タクミは再び「やっぱ猫……」と言いかけて2人からの鋭い視線に気がつき、犬動画にハマっていると言い直すと、オカダが「ニャンだって!?」と真顔で振り返る。その頭には、いつ付けたのかなんと猫の耳が!?

今回の見所は、なんといってもオカダの猫耳姿。皆を盛り上げようと笑顔で語りかけるタオ。そして、なぜか身軽なシライシと1人だけ大量の荷物を持つタクミ……。しつこく猫動画を推すタクミに対して、普段は無邪気なタオが見せる鋭い顔付きなど、CMシリーズの撮影を重ねてますます息ピッタリの4人の掛け合いに注目だ。

前作は土屋と白石、前々作は岡田と北村のみの撮影だった為、久しぶりに4人揃っての撮影とあり、控室から賑やかだった4人は、スタジオ入りの時も笑顔。特に土屋と白石は、手を繋いでスタジオ入りをするほどの仲良しぶり。
今回はオールCGでの撮影だったので、そのスタジオを見て「ついに……セットが無くなりましたね(笑)」と笑いをとるリーダーの岡田。「しかも結構早い段階、まだ中盤くらいのはずなのに!」と北村が続くと、思わずスタッフが「いや、予算の都合じゃありませんよ!」と弁解しスタジオ中が笑いに包まれるなど、和気あいあいと撮影がスタートした。

猫耳をつけて「ニャンだって!?」と真顔で振り返る岡田に、冷ややかな目線を送るはずが思わず笑ってしまう土屋と北村。「はい、カット!」と声がかかると、白石まで思わず笑ってしまう。ところが、歩きながら同じシーンを重ねると、慣れてしまったのか真顔が保てるようになってしまった3人。「あれ?もう笑ってくれなくなってきた…。」とちょっと悲しそうな表情を浮かべる岡田に「いや!まだまだ面白いですよ!」と北村がフォローすると、ウンウン、と笑顔で頷く一同。岡田が何とか笑わせようと(?)次のカットで「ニャンだって!?」と一層激しく振り向くと、「うわあ、びっくりしたー!!!」と爆笑の土屋。長い撮影に疲れたみんなを和ませようと、今回もやっぱり優しさ溢れる岡田だった。


関連記事