• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
AKB48

AKB48、「イノフェス2019」出演決定 クリエイターとのコラボで最先端パフォーマンスを披露

9月28日(土)・29日(日)の2日間、六本木ヒルズで開催される「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI(イノフェス)」にAKB48の出演が決定した。


今年で4回目の開催となる「イノフェス」は、テクノロジー、音楽、エンタメ、アート、スタートアップがクロスオーバーするデジタル・クリエイティブのフェスティバル。イノフェスでしか見ることのできない豪華イノベーターによるトークセッションやアーティストによるテクノロジーを駆使したライブパフォーマンス、VR、AR、MR、AI、IoTなど最先端テクノロジー体験、メディアアーティストによるパフォーマンスやインスタレーションなど、様々なコンテンツが六本木ヒルズ各所で繰り広げられる。

29日(日)に出演するAKB48は特別選抜を編成。様々な分野のクリエイターとコラボレーションし、テクノロジーを駆使したこの日限りのパフォーマンスを披露する。

LEDとダンスを組み合わせた演出を手がけるクリエイターの藤本実が率いるm plus plusが今回のために製作した新型のLED手持ちフラッグを使ったパフォーマンスをはじめ、物体の動きをデジタル的に記録するモーションキャプチャーを装着したAKB48のメンバーのダンスパフォーマンスによってJ-WAVEから生まれたAIキャラクター「AI Tommy」の映像をコントロール。AKB48メンバーとAIがダンスでコラボレーションする。
さらに、プロジェクションマッピングやイベントの映像演出を手がけるSYMDIRECTがインタラクティブ演出を担当。ライブ会場で特設スマートフォンサイトから応援メッセージを送ると、メッセージの一つひとつが大型ディスプレイに様々なエフェクトが加わった形で表示され、その映像を背景にAKB48がパフォーマンスを披露する。
また、m-floの☆Taku TakahashiがAKB48の大ヒット曲をリミックスしてDJスタイルでAKB48と共にステージでプレイ。イノフェスの舞台で数々の名曲が最高にクールなサウンドで生まれ変わる。

関連記事