• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
TIF初日に登場した乃木坂46 4期生

乃木坂46・4期生が「TIF」に初登場 初日の“SMILE GARDEN”トリの大役果たす

乃木坂46の4期生が2日(金)、お台場・青海周辺エリアにて開催中の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」に登場した。


乃木坂46の4期生はフジテレビ湾岸スタジオ横の公園に設けられたSMILE GARDENに、体調不良により欠席した北川悠理を除く10人で出演。
日が落ちたSMILE GARDENに「Overture」が鳴り響くと、賀喜遥香を先頭に4期生がステージへと駆け出し、乃木坂46の夏の定番曲「ガールズルール」でライブをスタート。続く「インフルエンサー」では乃木坂46の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日発売)でセンターに抜擢された遠藤さくらが中央に立ち、キレのある高速ダンスで魅了。畳み掛けるように柴田柚菜センターの「制服のマネキン」とクールなナンバーを続けて繰り出し、会場を熱狂の渦へと巻き込んでいった。

昨年の坂道シリーズ3グループ合同オーディションに合格し、同年12月にお披露目されたばかりの4期生。最初のMCでは賀喜遥香が「私たち乃木坂46の4期生は初めてこのようなアイドルフェスに参加させていただいたんですけども、1年前までは普通の中学生だったり高校生だったり、働いている子もいたりして、今この舞台に立てていることが不思議なんですけど、本当にありがたいなと思います」とアイドルフェスデビューの心境を語った。

4期生オリジナル曲の「4番目の光」「キスの手裏剣」をはさみ、披露されたのは乃木坂46の代表曲の1つ、「君の名は希望」。この日のセットリストは昨年12月に本武道館で行われた「4期生お見立て会」や今年5月に23rdシングル「Sing Out !」の発売を記念して横浜アリーナで開催された4期生ライブなどでもすでに4期生によってパフォーマンスされていた楽曲が多いなかで、筒井あやめをセンターに据えての「君の名は希望」は、ファンにとっても新鮮な驚きとなった。
終盤は「ジコチューで行こう!」「裸足でSummer」と夏曲で畳み掛け、4期生最年長の田村真佑が「今日は本当に暑い中、見に来てくださってありがとうございました!」と挨拶し、「TIF2019」初日のSMILE GARDENのトリを最高潮の盛り上がりで締めくくった。

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」SMILE GARDEN 乃木坂46 4期生ライブ

()内はセンター
M0. Overture
M1. ガールズルール(賀喜遥香)
M2. インフルエンサー(遠藤さくら)
M3. 制服のマネキン(柴田柚菜)
-MC-
M4. 4番目の光(遠藤さくら)
M5. キスの手裏剣(遠藤さくら)
-MC-
M6. 君の名は希望(筒井あやめ)
M7. ジコチューで行こう!(清宮レイ)
M8. 裸足でSummer(掛橋沙耶香)

関連記事