• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
乃木坂46「路面電車の街」MVカット

乃木坂46、MV2曲同時解禁 齋藤飛鳥・堀未央奈・山下美月のユニット曲&桜井玲香最初で最後のソロ曲

9月4日(水)に発売される乃木坂46の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」から、C/W曲「路面電車の街」と「時々 思い出してください」のMusic Videoが公開された。


初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤Type-AのC/W曲として収録される「路面電車の街」は、齋藤飛鳥・堀未央奈・山下美月によるユニット曲。
7月中旬に茨城・ひたちなか市で撮影されたMVは、それぞれの人生を歩んでいる齋藤・堀・山下の3人が、女子高時代にもう1人の親友だった“ひかり”の記念日に、故郷に集まるというストーリー。“ひかり”と共に過ごした女子高時代のたくさんの思い出をそれぞれ心に刻み、そして齋藤が大粒の涙を流すラストシーンが印象的なMVとなっている。
実際に動いている電車内で、風景が良い所を選びながら撮影を行なったそうだが、待ち時間の途中、電車の揺れに気持ち良くなった堀が本当に寝てしまったというエピソードも。
監督は、数多くのMusic Videoを手掛け、「逃げ水」「あの教室」「ないものねだり」など乃木坂46の作品も数多い映像ディレクターの山岸聖太が務めた。

初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤Type-C収録の「時々 思い出してください」は、9月1日(日)の明治神宮野球場で開催される「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019」ファイナルをもってグループを卒業する桜井玲香のソロ曲。
MVは7月中旬に横浜のスタジオで撮影。桜井玲香が乃木坂46に入り、キャプテンとしてグループを牽引した約8年間の莫大な映像素材の中から、ターニングポイントとなった所を厳選し、今現在の桜井玲香と照らし合わせながら振り返るMusic Videoとなっている。
ラストカットの扉から出て行くシーンでは、扉がうまく開かず、ちゃんと開くバージョンを、ということで2回撮影を行なったものの、桜井玲香の魅力はそういう所なのでは?と、失敗した1回目の映像があえて採用されている。
また、MVの中で美術として飾られている衣装は、実際に桜井本人が着ていた衣装を全て揃えて撮影するなど、桜井玲香一色に拘った作品に。
監督は、自身が乃木坂46の作品で最初に携わったのが桜井玲香だったという縁のある頃安祐良監督が手掛けた。




関連記事